エヴァンゲリオン

↑シンジの心象風景。他人に引かれた"レールの上"を走る。


『エヴァ』はなぜヒットしたのか? 
これまでさんざん語られてきた事だ。 

ある大手新聞社は、オウム事件や阪神大震災によって 
人と人との繋がりを求める人が増えたからだと理由を後付けしたが、 
当然ながらそんな表面的な理由であるはずが無い。 

『エヴァ』は、監督・庵野秀明という人物そのままが表されていて、 
アニオタがそれを100%理解したというのが、ここで挙げる理由である。 


―――


3月のライオン』の回で説明したように、『エヴァ』はとても分かりにくい。 
解釈項の中に、心理学や実存哲学などの難解なステップが混じっていて、 
しかもそれが作品の中にきちんと落とし込まれずに、 
難解な状態のままテーマとして放り出されているからだ。 

この傾向が見られるようになったのが、予算の問題で 
スタッフが大幅に入れ替えられた第16話「死に至る病、そして」から。 
主人公の「碇シンジ」くんが使徒の虚数空間に取り込まれ、 
精神世界の中でもう1人の自分と自問自答する回である。 
これを境に、物語は心象的なものへと展開していく事となる。 

制作会社のガイナックスは、この頃はまだ小さな会社で、 
『ふしぎの海のナディア』の頃から予算に苦しめられていた。 
『ナディア』は湾岸戦争勃発で放送が中断、NHKから追加予算が出るなど、 
制作時間とお金に余裕が生まれた事で何とかクオリティを維持できたが、 
『エヴァ』の時にはそんな偶然は起きなかった。 
第16話以降、制作現場は破綻し、クオリティは著しく後退した。 
例の最終2話のプロットもこの時期に完成している。 

庵野監督は『エヴァ』を自分の心象風景を描いた作品であると述べ、 
宮崎駿の『紅の豚』を「パンツを脱いでいない」として批判しているが、 
庵野監督にとってのパンツを脱いだ状態=オナニー・ショウが、 
つまりは第16話以降の「シンジ」くんであると言えよう。 
予算が底を突いた事で表現方法が変化し、少ないセル枚数ながらも 
核心を避けて思わせぶりなキーワードを散りばめ、 
その他の説明を一切せずに視聴者の想像に委ねるようになった。 
これによって、深淵さが演出され、世界観が強調された。 

※ キャラクターデザインを担当した貞本義行の漫画版『エヴァ』では、 
  こうした表現は用いられず、第16話の部分もオールカットされている。 


『エヴァ』は理解の有意水準を越えた難解なものであったが、 
『宇宙戦艦ヤマト』から『機動戦士ガンダム』まで、 
ありとあらゆるアニメを享受してきたアニオタにとって、 
『エヴァ』を理解不能と結論付けるのは矜持に反するものだった。 
第6話までの高いクオリティと、時折はさまれるセクシャリズム、 
そして16話以降に演出された深遠な世界観は、 
彼らの心を掴んでおり、TVの前から離さなかったのである。 

その支持の大きさが、最終2話で決着する心象描写も好意的に捉えられ、 
難解なキーワードがアニオタのα係数を充分に刺激した事で、 
放送終了後に強い反響を呼び、関連商品がオリコンチャートを総なめした。 
商業的露出が増えたのがきっかけで、『エヴァ』の人気は 
アニオタの枠を飛び越え、一般層にまで波及していったのだが、 
この時、心理学や実存哲学の専門家ではないオタクの彼らが、 
専門家にも劣らない高い出力によって一般の人に面白さを伝えていった。 


『エヴァ』は、アニオタという存在が無かったら、 
庵野監督の自己満足で終わっていた作品であったに違いない。 
だが、庵野監督は伝えるべき事は伝え、最善の努力を尽くした。 
そうした努力を、有意水準の高いアニオタが100%拾い上げてくれた事で、 
『エヴァ』という難解な深層世界が補完されたのだった。 

また、スポンサーである角川書店がガイナックスに潤沢な予算を与え、 
分かりやすいロボットアニメとして作らせていたなら、 
庵野監督の色が薄まり、ここまでのヒットもしなかったはずだ。 
スポンサーの意向に邪魔されず、監督の意向が強く反映された事が、 
知的深度を深め、逆にアニメの潜在需要の高さを市場に示した。 
ちょうど同時期には『ガンダムW』が放送されているのだが、 
『W』の人気がガンオタどまりだったのは、登場人物の内面性が複雑でなく、 
注目を集めるほどの演出ではなかったからだと思われる。 


庵野監督が自分の心象風景を、難解な解釈項を用いて複雑にし、 
深淵に見せるように巧みな演出をして、確固たる世界観を形成した事。 
また、それをアニオタが好意的解釈とセールスでバックアップし、 
一般的に広く知られるほどに知名度を押し上げた事。 

この2点が、『エヴァ』が大ヒットした理由だろう。 
「碇シンジ」くんが自己肯定していくストーリーが評価されたのは、 
『エヴァ』がアニオタによって補完された後の話である。 
それまではおおよそ共感と呼べるほどの理解はされていなかった。 


この後、宮崎監督もパンツを脱いで『もののけ姫』を作り、 
アニメに限らず、特撮・漫画・ゲームなどその他の分野でも、 
難解なテーマを作中に落とし込んだ優れた作品がいくつも生まれ、 
サブカルチャー全体で知的深度が一気に増した。 
そしてこの時にもまた、様々な分野の「オタク」の人達が、 
一般の人への理解の橋渡し役となっている。 

「オタク」にとってやっている事は、『ヤマト』や『ガンダム』によって 
その存在を認知された20年前と何ら変わらないのだが、 
一般の人が『エヴァ』以降、オタク文化に積極的に興味を持ち、 
「オタク」に対する有意水準が引き上げられたのである。 
『エヴァ』は、社会現象を起こして市場を活性化しただけでなく、 
少数として区別されてきた「オタク」の地位を向上させた。 
『エヴァ』はオタクにとって、"希望"となったのだ。 


―――


シンジくんの葛藤は、性善説がより強く打ち出された 
劇場版第25話「Air」、26話「 まごころを、君に」で幕を閉じる。 

シンジくんは他者との交わりに"絶望"し、"ATフィールド"を張って 
リビドー(生)という名の自己自身を保持しようとする。 
"AT"とは、"Absolute Terror"の略で、絶対恐怖と訳される。 
他者と同化して自己自身を喪失する"絶望"=デストルドー(死)は、 
"アンチATフィールド"を展開して世界中の人を液体にしてしまう。 
他者との完全な同化こそが、人類補完計画の正体だった。 

しかし彼は、"絶望"して他の人と同じ液体になるよりも、 
他者と区別された自己自身である事を望み、元の居場所へと戻った。 
それは、光明思想家のジョセフ・マーフィーが示した"希望"に他ならない。 
キルケゴールが提唱した"絶望"は"死に至る病"であり、 
他者との交わりが自己自身を喪失させると説明したが、 
マーフィーは、"希望"はどんな重病でも治す特効薬であるとし、 
他者の中で自己自身を発揮する為の、"潜在意識の法則"を提唱した。 

シンジくんの選択は、「斑目」が「オタク」に見えない服を買いに行き、 
自己自身としての矜持を口にしたのと同様である。 
他者と同化する為にクソ高い服で身を包めば、トレードオフで 
エロゲーや同人誌を購入する資金を失い、自己自身である事が出来ない。 
「斑目」は結局、他者と同化する事を選択し、服を買う。 
「春日部さん」は、「いーじゃん似合ってんじゃない?」と言うものの、 
本当に必要なのは「高坂」のように自己自身である事だったはずだ。 


劇場版第26話の最後に描かれたのは、『変身』と同じ不条理である。 
元の居場所に戻ってきたシンジくんを待っていたのは、 
崩壊した世界と、恐怖の対象であるアスカだった。 
彼は再び他者との交わりを恐れてアスカの首を絞めるも、 
アスカはシンジの恐怖を理解し、頬をなでて受け入れた。 
彼女もまた、量産型エヴァに陵辱され、"絶望"を知ったからだ。 

シンジは他者との交わりに"希望"を見つけて、涙を流す。 
しかしアスカにとっては、シンジの恐怖は理解できても、 
シンジ自身は、まだ有意水準を越えた、理解しがたいものだった。 
自分の上で泣きじゃくる情けない男に向かって、 
「気持ち悪い」と一言つぶやき、そこで終劇となる。 

シンジくんが自己自身であろうと精一杯に願い、努力し、 
数々の苦難を乗り越えて元の居場所に戻ってきたのだとしても、 
他者であるアスカには、それが分からない。 
こんな不条理な世界がこそが、現実であるという事だ。 


ガイナックスの創始者・オタキング岡田斗司夫は、 
著書『オタクはすでに死んでいる』の中で、現代の「オタク」は 
他者との交わりの中で自己自身を喪失し、既に死んでいると述べた。 
「斑目」のような"絶望"の状態にあるというのだ。 

全ての「オタク」が「高坂」のように胸を張って生きるには、 
正規分布から否応なく外された不条理を受け入れるしかないのだが、 
"希望"の落とし所は、案外近くにあるのではないかと思える。 

きちんとメッセージを伝えれば、相手は理解してくれる。 
そして、理解してくれる人は必ず居る。 
庵野秀明という難解な存在がそうであったように、 
他者からの理解は"心の壁"を越えた先にあるものなのだろう。 
 


ご清覧ありがとうございました。