漫画道場

漫画道場 漫画やアニメを学術的観点から考察・レビューします。



矢沢あい

【少女漫画論】(5) 少女漫画が漫画になる時


NANA

↑主客一体となったナナと奈々。


1999年、少女漫画から"個人"へと脱却した矢沢あいは、 
『りぼん』を卒業し、他誌へと活動の場を移した。 
5月に『Paradise Kiss』を連載開始、10月に短編『NANA』を発表、 
『NANA』は翌年2000年の5月に連載化し、大ヒットとなる。 

『パラキス』と『NANA』が世に出たのと同じ99年、 
官主導で進められてきたフェミニズム政策によって
男女共同参画社会基本法が成立し、2020年までに
女性の人材を30%に引き上げる具体的な数値目標が立てられた。 
もはや社会の中で女性がどう主体性を発揮するかより、
社会の客体として女性をどう招き入れるかに主眼が置かれた、
実体の無い政策に成り下がっていた。

これ以降、フェミニズムの定義が多様化していき、
男女平等を建前を通り越して、女尊男卑の論調が生まれていく。
ティーン層の性経験率はさらに上昇し、2005年には 
男女比で女子が男子を上回る逆転現象=肉食化が起こるのである。 
男性が抱く理想の女性像は、ここに完全に崩壊した。


――― 


『NANA』では、近年のフェミニズムのキーワードである 
社会的な性の在り方=ジェンダーを作品のテーマの1つとし、 
現代の女性がどのように自分のポジション得ていくのかを描いた。 
主体的な女性を取り上げるのは、『ご近所』『パラキス』と近作続いているが、
以前と異なる点は、男性の客体として身を置く女性の目線を加えて、
主客分かれる2人の女性の生き方をクロスさせている点である。

バンドでひとやま当てる事を夢見る、主人公の1人・ナナは、 
女性として生きる事を拒否するほど確固たる意志の持ち主であり、
ゆえに男性への従属を極端なくらいに畏れ嫌っている。
男性にコンドームを使用する事を求め、それに応じない 
恋人・本城蓮に対しても不満を漏らした事もある。 

もう1人の主人公・奈々は、男性の客体である事を望み、 
男性を消費物として捉えるものの、実体を得る事が出来ず、 
それを求めて男性に依存していく女性として描かれている。 
男性に自分の理想を求め、思い通りにならなければそれを批判する。 
作中に出てくる週刊サーチのカメラマンとの口論が象徴的だ。 

2人のNANAは、お互いの意識が同化を果していた。
おそらく707号室で同居を始めた、その時から。
ナナは"女性らしさ"を、奈々は"個人"としての主体性を、
お互いに足りないものを補い合っていたかのようだ。
幸せな結婚して庭付き一戸建てに住む夢は「奈々」に託し、
目標に向かって突っ走りそれを達成する夢は「ナナ」に託す。
ナナと奈々、2人はコインの裏表であり、
ナナは既に蓮の客体として生きていく事は不可能だった。


少女漫画の鉄則は、「王子様」が必ず自分を選ぶ事である。
何かの行き違いが理由で別の人と形式的に付き合うような事はあっても、
精神は必ず主人公の女性の方を向いてなければならなかった。
ところが、奈々の彼氏・遠藤章司は、東京に出てきて間もなく、
バイト先の同僚・川村幸子との二股交際を始める。
のっけから少女漫画の精神性を全否定する強気の展開だ。

だが、これが女性読者の心をがっちり捉えた。
嘘くさい話で夢心地になれるほど現代の女性はセンチメンタルではない。
『NANA』が『ときめきトゥナイト』の発行部数記録を抜いたのは、
夢から覚めた女性の実状的な共感を得たからだろう。

ナナと奈々、2人の結びつきはここから更に強まる。
ナナが美里ちゃんとディズニーランドに行けば奈々が怒り、
奈々がタクミと交際を始めればナナがキレる。
主客一体となる事で、ようやく2人は1人の理想の女性になれた。
その2人にとって707号室は、2人が認めた住人以外は
何人たりとも侵す事の出来ない聖域だったのである。


――― 


そうしたコインの主客関係も、唐突に終わりを遂げる。
奈々がタクミによって妊娠させられたのである。

ナナにとって奈々は、自分が叶える事の出来ない、
結婚という女性としての幸せを掴む夢を託した半身であり、
その奈々が女性を支配下に置きたがるタクミの子を身篭り結婚する事は、
自分がタクミに従属するも同然の出来事だった。

「嫌だ!絶対に産まないで!」

ナナのこの台詞は、ナナの所有欲から来るものではなく、
バンドで名を馳せるのと同じくらい大事な夢を、
他人によって打ち砕かれる恐怖から出たものである。

奈々にとっても初めて、主体的な愛情をノブの中に見つけていた。
「こうして欲しい」ではなく、「こうしてあげたい」という献身的な愛。
ナナはずっと以前から、夢は自分で掴むものだと考えている。
ゆえに奈々が主体的に夢を叶えるのは、これ以上ないほどに望まれる事で、
自分を支えてくれたノブなら、奈々の夢の相手として相応であった。

しかし、その主体性を根こそぎタクミに奪われた。
奈々に自分の叶えられない夢を叶えて欲しかったナナは
これが原因で、過呼吸症候群に陥ってしまう。


さらに事態は悪化する。
蓮が不慮の交通事故で還らぬ人になってしまったのである。

奈々は当人が何と言おうと、ナナ自身に女性としての幸せを掴んで欲しかった。
だからナナが蓮と結婚したという報告を、我が事のように喜んだ。
たとえ蓮の客体としてでも、ナナの半分だけの心が埋まりさえすれば、
それは自分が叶えられなかった幸せな家庭を築く夢にも繋がる。

「意地ばっかり張ってると幸せが逃げちゃうよ。」

この台詞もまた、他意の無い本心からの言葉だろう。
奈々は失敗の教訓としてでなく、心の底からナナに幸せになって欲しいと願い、
またナナも、そうなろうと最善の努力をしようとしていた。
コインの主客関係は、何もなければ円満に解消するはずだったのだ。
お互いに欠けていた所を幸福という形で充足し、
お互いが主客両方の夢の叶える寸前まで、手中に収めていた。

結局、その夢はどちらも叶う事はなく、2人ともバラバラになった。
ナナが"個人"として不完全な弱さを持っていた事を、
そして奈々が"女性"としての強さを持っていなかった事を、
お互いが気付いてあげていたら、「今とは違う未来があった」のだろう。
悲しい事だが、2人の運命の鎖が断たれたからこそ、
『NANA』のテーマがより深く、読者に届けられるのだ。


――― 


2000年以降、多くの女性漫画家らが少女漫画から脱却し、 
優れた漫画家を失った少女漫画のコンテンツは衰退を迎えるが、 
それは少女漫画が消えてなくなった事を意味するのではなく、 
新たなステージに突入した事を表すものだった。 

ある作家は性と向き合う為にターゲットの年齢層を上げ、 
またある作家は男性漫画の長所を取り入れキャラクター化した。 
別の作家はジャンプやモーニングなど男性誌で描くようになり、 
さらに別の作家は、男性誌でも"女性らしさ"を貫き通した。 
フェミニズムの形と同様に、少女漫画も多様化していくのである。 


『月刊アフタヌーン』という男性向け漫画誌の中に、 
『おおきく振りかぶって』という野球漫画がある。 
この作品の特徴は、キャラクター論に頼らない人物描写であり、 
多くの野球漫画が長所を描く事で登場人物を差別化してきたのに対し、 
『おお振り』はコンプレックスによって差別化を図り、 
誇張表現の無い等身大の人物描写を丁寧に行う事で、 
「これまでに無い新しい野球漫画」とされ、絶賛された。 

だが、これは『キャンディキャンディ』の時代から続く、 
少女漫画の伝統芸であり、女性ならではの細微な表現方法だ。 
作者・ひぐちアサは、『おお振り』より以前は恋愛ものを描いていた。 
少女漫画の精神性が、男性誌にそのまま持ち込まれた事で、 
漫画界全体に新たな可能性を示したのである。 

少女漫画は少女である事を止め、"漫画"になったのだ。 


少女漫画を卒業した矢沢あいが『NANA』で表そうとしたのは、
主客一体となった本当の意味での"女性らしさ"である。
フェミニズムはかつて自由精神の発露を目的としていた。 
しかし、その過程で"女性らしさ"の否定へと変貌し、 
今では女性としての立場を保障される事に胡坐をかいている。
男性の客体から社会の客体として依存の矛先を変え、 
それで何かを得ようとしても、「何も得ている実感が無い」と、 
都会の生活に打ちひしがれる奈々の背中を追うだけだろう。 

矢沢あいは"女性らしさ"という客体性を掲げたまま、
主体性を持った"強い女性"を、描き続けている。 
それは少女漫画の歴史が投げかけるメッセージと同じものだ。

 "個人"としての主体性を発揮し、真の自由を勝ち取った上で、
ナナや奈々、オスカルやマリーは、"女性"として気高く咲く勇気をも、
現代を生きる読者に伝えているのである。


にほんブログ村・記事トーナメントで本記事が優勝しました!
 


ご清覧ありがとうございました。

【少女漫画論】(4) 漫画家・矢沢あい


ご近所物語

↑矢沢あいの転換点・『ご近所物語』の本誌掲載順は後ろの方だった。


日本性教育協会の青少年行動調査によると、 
少女漫画のメインターゲットだったティーン層の性経験率が、 
1987年の調査からはっきりとした上昇傾向が見られる。

 参照:青少年の性行動調査 第6回

フェミニズムは、こうした性行動への変化を齎した。
啓蒙主義が旧来の価値観である宗教性を排除したように、
美徳とされてきた道徳的な抑制まで後退してしまった事が、 
男女の主客逆転のきっかけを作っていったのである。

恋愛の入門書として愛読されてきた少女漫画は、 
90年代前半まで、まだ旧来の"女性らしさ"に縛られていた。
ところが、少女漫画に出てくる「白馬の王子様」が、
現実にはどこにも居ない事を、女性はとっくに気づいていたのだ。

87年、女子中高生の登校前の「朝シャン」が社会現象になり、
88年、私立高校の制服がブレザータイプにモデルチェンジを図る。
89年、渋谷に集まる10代のファッションが「渋カジ」と呼ばれて注目され、
同時期には、ティーン向け雑誌『セブンティーン』が
少女漫画の連載を中止し、アイドルなどの芸能情報も削って、
ファッション雑誌として方向転換を図り、部数を大幅に伸ばした。
女性は男性の首に縄を付けに自ら積極的に動いた。

90年代に入ると、男性が記号化した"清楚"で"可憐"な
「女子中高生」のイメージが、音を立てて一気に崩れ始める。
92年頃から言葉の乱れを指摘され始めたのをきっかけに、
93年にブルセラ、94年にデートクラブ、95年には援助交際が問題になり、
都心を中心にコギャルが続々と出現していったのである。
彼女達の行動背景には、ファッションが関与していた事は見逃せない。


もはや少女漫画の精神性は化石に変わってしまった。
1995年になると、ついに『りぼん』の部数低下が始まる。
急速な価値観の変化についていけず、時代錯誤の周回遅れとして、
読者との間にバックラッシュが生まれたのである。

しかし、この頃から少女漫画界にも変革が起きていく。 
トレンドに敏感な作家らが、時代のニーズに合わせた作品を生み、 
精神性から実利性へと脱却を図ったのである。 
その代表格となったのが、『ご近所物語』の作者・矢沢あい。 
当時の『りぼん』において、この作者は異質であり、 
色とりどりの花が咲き誇る誌面上で、1人だけ浮いた存在だった。 


――― 


少女漫画が男性向けの漫画と違うのは、登場人物が 
以前に解説したキャラクター論に基づいていない所である。 
一般的に漫画の登場人物は、人物全体を類推する"素材"を抜き出し、 
それを誇張して際立たせる事でポジションを置くのだが、 
少女漫画の登場人物は、誇張表現の無い、等身大の人物が描かれる。 
特に、自身へのコンプレックスに立ち向かう描写は鋭く、 
同じ悩みを抱える多くの女性の共感を得る呼び水となっている。 

『ご近所物語』は、そんなコンプレックスにまともに挑み、 
服飾を通じて自分のポジションを得ていく作品だ。 

『天使なんかじゃない』までの矢沢あいは、まだ少女漫画家だった。 
主人公の翠ちゃんが抱える悩みは恋の悩みであり、 
自分に対する否定的な感情の無い、明るく可愛い女の子だった。 
ところが、『ご近所』の主人公である幸田実果子は、 
つり眉で目つきが悪く、チビで胸なしでたらこくちびるで、 
口も悪ければ愛想も悪い、大きなコンプレックスを持った女の子だ。 

翠を太陽のようにいっぱいに花開く向日葵に例えるなら、 
実果子は女の子として実を結ばない、日陰に咲く徒花である。 
そんな花が、『りぼん』のお花畑の中に混じって、 
一生懸命に背筋を伸ばしながら立っていた。 

彼女はこの大嫌いな自分のコンプレックスを覆い隠すように、 
ファッションに身を包み、服飾デザインの道に没頭する。 
彼女にとってファッションとは、『姫ちゃんのリボン』の 
野々原姫子の魔法のリボンと同じ、変身である。 


こんな実果子に、子供の頃からずっと一緒の男の子が居たのだが、 
その幼なじみが、学校で1番スタイルが良い美人と付き合い始めた。 
これがきっかけで、髪をお人形さんのような金髪にする。 

その後も、控えめでとても女の子らしい好意的な子が現れると、 
激しいコンプレックスに晒され、実果子はは自分の事を 
少女漫画の主人公になれない「出来そこないの失敗作」と卑下する。 
だが、その幼なじみがありのままの自分を受け入れてくれた事で、 
彼女も自分の事を少しずつ肯定していくようになる。 


注目すべき点は、直接的な性描写が存在する事だ。 
1991年に連載が始まった『天ない』には無かったものが、 
1995年連載開始の『ご近所』では、10代の男女が 
お互いを受け入れる為の自然発生の行為として描かれている。 

『りぼん』で初めて直接的な性を描いたのは一条ゆかりで、 
20年以上前となる1972年からすでに存在した表現であったが、 
この頃はまだ精神の愛の終着点であり、儀礼的なものに過ぎなかった。 
『りぼん』は部数低下が始まった1995年を変化点に、 
実利としての性を描くように修正が図られたと思われる。 

そしてこの時から矢沢あいも、少女漫画にマッチ出来なくなった。 


1998年、次作となる『下弦の月』の連載が始まる。 
この作品の特異さは、少女漫画の精神性を回帰させながら、 
純文学にも勝る完成度を両立させている点である。 

実利性へと変革した『りぼん』は、96年にデビューした 
新世代の作家・種村有菜の『神風怪盗ジャンヌ』が人気であった。 
『下弦の月』より半年早く始まったこの作品は、 
前作で失敗した伝統的なまどろっこしい精神性を廃し、 
ノリとテンポで明るさを強調し、性描写もはっきりと打ち出した。 

対して『下弦の月』は、月のメトン周期を作中のテーマに落とし込み、 
肉体と肉体でなく、魂と魂が引かれ合う愛を見事に描ききった。 

矢沢あいは、少女漫画家としての"女性らしさ"を捨てずに、 
"個人"として通用する域にまで作品を昇化させたのだ。 
もはや少女漫画家ではなかった。1人の漫画家であった。 


次回は、2000年代の時代の変化を『NANA』と共に振り返りながら、
少女漫画家がどのように"個人"となっていったのかを見ていこう。
 


ご清覧ありがとうございました。

共有(シェア)ボタン
各種RSSはこちら↓

Twitter
アクセス数 (UU/Week)

    ブログヒストリー
    ・2012年4月
     LivedoorBlog開設
    ・2012年11月
     漫画感想カテゴリで初の1位
    ・2013年1月
     総訪問者10万人達成
    ・2013年8月
     火垂るの墓の考察記事が検索1位に

    道場主へのコンタクト
    QRコード
    QRコード


    • ライブドアブログ