漫画道場

漫画道場 漫画やアニメを学術的観点から考察・レビューします。



引っ越しました。
新ブログ「記号論研究所」を宜しくお願い致します。
URL→ http://semiotics.blog.jp/

京都アニメーション

【短評】『たまこまーけっと』~奇術師たまこが形象する"夢の商店街"


kako-R1qsE0ZWDpX7eRWm

↑オープニング曲でのたまこは、なぜマジシャンの格好なのか?


『たまこまーけっと』というアニメが人気らしい。

らしい、というのは、これまで観た事が無かったからです。
ウチの地区じゃアニメの深夜放送が無い為、
ちょっと観てみようかなという習慣が生活に組み込まれてません…。

アニ友さん達が上げる視聴感想は覗かせてもらってるので、
最近のトレンドがどういった作品にあるのかは知りえてるんですが、
それにしても、『たまこま』 の感想から得られる情報には、
言いようの無い違和感があるのを、第1話から感じていました。

こう、何て言うか、『エヴァ』や最近の宮崎アニメを観た後のような違和感。
釈然としないのに話だけがどんどん進んでる感覚が、
映像を観てもいない私でも、アンテナにびんびん伝わってくるのです。

この違和感は、第2話の感想でより強くなりました。
ヲタブロ : たまこまーけっと 第2話「恋の花咲くバレンタイン」レビュー・感想


『たまこま』には、何かある。

そう確信して、何とか視聴する方法を探してみたところ、
おお…ネット配信されてるじゃないですか。しかも公式で (*´∀`人)
これはもう観るしかないな…神が私にそう告げている。


という訳で、当道場では初となる深夜アニメの考察を、
『たまこま』の違和感の謎を解き明かすべくやってみたいと思います。
第2話までに分かった事を踏まえて掘り進めますが、
この謎の答えが導かれた時、果たしてどんな視点が生まれるのでしょうか。


―――


まずは、違和感のいきさつについて纏めてみます。

『たまこま』の舞台となるのは、「うさぎ山商店街」なるアーケードですね。
昔ながらのお店が軒を連ねていて、古き良き伝統が守られてます。
が、昔ながらのお店に居るはずの店主に、なぜかレトロ臭が一切しないのです。
町内の人はアーケードで買い物を済ませ、外れにある銭湯に通うなど、
時代錯誤な描写が至る所で散見されるにも関わらず、です。

zhtKAGnEjEBhUcm1358991469_1358991579

↑ありえないその(1) 神田川…です。

資本の統廃合が進められる中で、保守的な働きかけを全くせずに、
アーケードの姿を存続させている事は"ありえない"ですし、
それとは逆に、耳にピアス穴を空け、折り畳み携帯を駆使する兄ちゃん達が、
積極的に町内会に参加してるのも"ありえない"です。
『ちびまる子ちゃん』の時代ですら、町内会という枠組みが嫌だったと、
まる子が盆踊りに参加する回で語られてますし。

しゃべる鳥はそんな"ありえない"の代表選手に過ぎません。
唯一、たまやの人達だけが、隣のライスケーキ屋なる店にツッコミを入れ、
「あんこ」と付けられた安直な名前を嫌がってます。
ピアスの兄ちゃんも「もち蔵」とかいう名前に疑問を持つべきだよね。

8TMMrtr0ZWjBNpR1358991753_1358991872

↑ありえないその(2) お前の事だよ。

で、この"ありえない"の中心に居るのが、主人公の北白川たまこです。
高校のバトン部の友達と仲良く楽しくやってる普通の女の子が、
隣のピアス兄ちゃんと携帯ではなく糸電話で会話し、
商店街のPR活動には友達も巻き込み、率先してこなすのです。
誕生日になれば町中の人が「今年こそは」とお祝いに駆けつけます。

町の人達と仲良しな所を強調するのは、それはつまり、
桜高軽音部のような纏まりを町内の人に持たせてるという事です。
京都アニメーション制作の従来のアニメ作品では、
ごく親しい身内同士の親交だけが強調されてきましたが、
コミュニティ規模が町全体に広がったのは初めてだと思います。

tybLAQr1dreD85o1358992055_1358992126

↑ありえないその(3) 町の人達との距離が近すぎる。


『たまこま』はこのように、"ありえない"描写を積み重ねているようで、
背景に何らかの意図が働いていると思えるのです。
町内会の枠組みがいかにもわざとらしく作られすぎている。
『gu-guガンモ』のような鳥との心温まる交流の話でもなさそうですし、
かと言って商店街の傾陽をどうにか救う話でもありません。
そして単なる日常風景を模した話でもない。
うさぎ町商店街という空間を、実際に図面を引いたかのごとく、
全て計算尽くで作られてるような気がするんですよね。

これまで背景構造を明確に意図した作品は無かったと思いますから、
そこには必ず、何か別の目的があるはずなんです。
私はその何かに違和感を覚え、考察に至ったという訳です。


―――


現実にありそうで"ありえない"うさぎ山商店街ですが、
ではなぜ、"ありえない"ほど仲良しな様子が描かれているのでしょうか。

ドイツの思想家、ヴァルター・ベンヤミンという人は、
パサージュ論』の中で、19世紀のパリに実在したアーケード街を、
「街路を遊歩する事で、室内に彩られた歴史を幻視できる空間」と定義し、
街路と室内が分離したデパートと比較しています。
歴史性というのがポイントで、アーケードを遊歩する人達は、
時代を形象してきた店々によって、過去に連なる夢を見ているというのです。


町の伝統を象徴する餅屋・たまやの異端児であるたまこは、
昔ながらの商店街に自然と溶け込んでいます。
たまこのゆるーい空気に町中が染め上げられているかのようですが、
町の人達からレトロ臭がしないのは、これを視聴するユーザーが、
たまこの視点から商店街を見ているからだと思われます。

ユーザーから見たたまこは、学校に通い、友達と部活に励むなど、
日常を描写した従来の作品の延長線上にありますが、
うさぎ山商店街は、たまこにとっては日常の一部と言えども、
外から見たユーザーにとっては"ありえない"くらいの異空間です。
町の人達があれほど仲良しに描かれるのは、
そこが古き良きの時代を形象している空間である事を、
見ている人に伝える為ではないでしょうか。

つまり、ユーザーはうさぎ山商店街に紛れ込んできた遊歩者であり、
私達は夢の中に映し出された街路をぶらぶら散策しながら、
たまこの視点を通じて、形象化された商店街のかつての姿を見てるのでしょう。


『たまこま』はこの構造を作為的に生み出しているようで、
しかもそれはベンヤミンの理論が基になっていると思われます。

NBt_xHCuxWn0mQT1359016194_1359016218

↑楽しい空間に引き連れられる町の人達。

例えばオープニングでは、たまこがマジシャンの格好をして、
シルクハットから鳥を出し、町の人達を引き連れてマーチ行進してます。
しゃべる鳥はたまこが生み出したマジック=奇術であり、
夢の商店街も全てマジックで形象したものだと言わんばかりです。
ユーザーも行進の後に付いて夢の世界へ連行されてるに違いありません。
もう鳥を頭に乗せて歩くなんか、普通に見えてしまいます。

ベンヤミンはアーケード街に映し出される夢の空間を、
ファンタスマゴリー(映像機で映し出された幻)と名付けてますが、
興味深い事にあの鳥は時々、目から光を投射して、
元の飼い主?である王子と故郷の映像を出力してますよね。
色んな所でベンヤミンと符号するのが私、気になります。


―――


さて、ここまで書いておきながらぶっちゃけますが、
文中で解き明かした謎は全て仮定によるこじつけに過ぎません。
定期的にやってる平成仮面ライダーの学術的考察も、
10年以上続けてきたからこそ、私自身も納得しています。

なのでこれからは毎回、京アニ作品をガチで考察していきましょうかね。
もしかしたら先行した『氷菓』や『中二病でも恋がしたい!』でも、
既にこういった学術的背景が用いられてるかも知れません。


私は深夜アニメについて考えた事はありませんが、
今後はDVDでも借りて、深夜デビューしていこうと思います。



ご清覧ありがとうございました。

【萌え論】(3) 『けいおん!』の甘美な世界

ブログネタ
今はまっている漫画 に参加中!
けいおん!

↑芸術美の粋を結集させた『けいおん!』、詩的ですらある。


「萌え」がパラフィリア(倒錯)であるとしたら、
あたかもそれが「エロ」であるかのようにユーザーに錯覚させる手法は、 
90年代後半には市場として成立し、大きな成功を収めている。 
これらはコミックマーケットを通じて二次作品化されていくのだが、 
この時、多くの同人作品が「エロ」要素を再び付け足し、 
エロパロディとして先祖返りを果たしているのだ。 

アダルトコンテンツから全ての「エロ」を取り除いても、 
ユーザーの倒錯によって「エロ」を補完する。 
これがアダルトコンテンツと血を分けた美少女コンテンツの、 
そして「萌え」の弁証法的な相関性である。 


「萌え」は「エロ」と同じで、それさえあれば、 
ストーリーテリングが無くとも作品としての体をなしてしまう。 
しかし、当然ながらそのような引き算だけの構成ではなく、 
残されたものをいかに純度を高めるかに主眼が置かれている。 

こうした観点から、「萌え」史上における空前のヒット作・ 
『けいおん!』がなぜ大きな支持を集めたのかを探ってみよう。 


―――


『けいおん!』の恐ろしさは、引き算の徹底と、 
芸術美の粋と思えるほどまで高められた掛け算の構造にある。 
ターゲットとなるユーザーが"不快"に思う描写を徹底的に排除し、 
"快"に思う描写を、最高の作画・最高のキャラ・最高の演出で掛け合わせ、 
100%に近い共感を得る相乗効果を生みだしているのだ。 

『けいおん!』では、女子高生なら必ず通るであろう恋愛経験を、 
登場人物の誰1人として通過していない。 
そもそもこの原作には、男性キャラがほとんど登場しない。 
主人公・平沢唯の父親、桜が丘女子高校の古文の先生、 
楽器店の店員、コンビニの店員、この4人だけ。 
ラフ画のみに登場した琴吹家執事、桜が丘高の校長と、 
原作続編で出てきた純ちゃんの兄を含めても、たった7人。 
舞台が女子高とは言え、男性の交友関係すら明かさぬ徹底ぶりだ。 

次に、日常作品と言われながらも、トイレやお風呂のシーンが無い。 
アニメ版で梓のトイレシーン、原作続編で浴場シーンが追加されたが、 
それまで『けいおん!』には下の描写が存在しなかった。 
男性キャラの件を含めても、他の萌え作品には、 
例えば『あずまんが大王』の「よみ」が便秘だったり、 
スタイルを気にしてダイエットしてたりするシーンがあるが、 
この漫画はそれを意図的にカットしていると見られる。 

さらには、過度な努力シーンが無い事も特徴のひとつだ。 
『BECK』では主人公の「コユキ」が、バイトしてお金を貯めたり、 
ギターの弾きすぎで指の皮が剥けたりする描写がある。 
ところが、軽音部員は放課後の音楽室で皆で楽しくお茶を飲み、 
陰で必死に練習しているにしても、表立った描写は抑えられている。 
やはりこれも、伝えるべき必要の無いものとして、 
作者が意図的に排除しているからだろう。 

このように『けいおん』には、悪意、汚辱、苦痛など、 
あらゆる"不快"な描写の一切が取り除かれ、 
"快"の描写だけが選別され残されているのが分かる。 
「桜が丘女子高」というユートピアを生み出す為の下地が、 
引き算の徹底によって形成されているのである。 


残された"快"の描写は、ここから更に純度が高められる。 
『けいおん!』では、音楽的な役割がキャラとして与えられている。 
リードギターが先行し、リズムギターがそれを追従し、 
ドラムスは自分のペースを守り、ベースは周りの人に合わせ、 
キーボードは後ろから見ている、といった感じ。 
軽音部員の1人ひとりが楽器であり、軽音部自体が1つのバンドのように、 
まとまりをより感じさせる為の横の繋がりが細かく設定されていて、 
ユーザーが作品に入り込みやすい空気を生んでいるのである。 

そこに、ユーザーが好みそうな猫耳やコスプレの要素も取り入れ、 
いわゆる属性と呼ばれる演出効果でキャラへの感情移入を高めている。 
例外的に沢庵の子だけは演出に失敗し人気を落としているが、 
リズムギターの子を「にゃん」付けしたり、ギターに名前を付けたり、 
キャラクターの付加価値を上げる試みはおおむね成功している。 

その上で、アニメ版ではキャラクターデザインを手掛ける 
堀口悠紀子が原作より優れた"黄金比"の絵柄を導入して、 
極めて質の高いアニメーションをユーザーに提供している。 
キャラ・作画・演出、完璧なまで三重奏。 
まるで口どけする甘いチョコレートのようだ。 
チョコレートの"素材"本来の味であるカカオの苦みを取り除き、 
そこに甘さを加えて、最高のスイーツになるよう調味されている。 
芸術美の粋を結集させ、甘美な世界を作り上げたのである。 

『けいおん!』の悪い点をあえて挙げるなら、 
展開の起伏に乏しく、作品としての変化が無い所か。 
同じような"快"の描写を再生産して繰り返し使用しているので、 
甘いのが苦手なユーザーからの共感は得にくいだろう。 
ユーザーの嗜好は多々あれど、甘いもの好きにはたまらない、 
そんな作品に仕上がっているのではないだろうか。 


―――


これと逆の事をやったのが、『げんしけん』の作者・木尾士目が
『月刊アフタヌーン』で2010年まで連載していた『ぢごぷり』である。 

『けいおん!』では"快"の描写を残して増幅させていたが、 
『ぢごぷり』は"不快"な描写を残して増幅させている。 
キャラ設定、属性効果、"黄金比"の絵柄を用いた点までは同じで、 
あらゆる悪意、汚辱、苦痛を克明に表現する事を試みた。 
例えるなら、カカオ99%のビターチョコレートだ。 

だが、『ぢごぷり』は結果的に読者からの共感を得る事に失敗した。 
起伏に乏しく、育児に疲れて落ちていくだけの暗い展開を、
甘味好きの読者にネガティブに取られてしまったのだろう。 
この漫画は巻行2冊で打ち切られ、木尾は人気のあった 
『げんしけん』の続編を新たに描いている。 


なぜ両者にこのような差が生まれた生まれたのだろうか。 
ここでヒントとして出てくるのが、倒錯である。 

プラス要素とマイナス要素、極性の違いはあれど、 
『けいおん!』と『ぢごぷり』に用いられた技術は同じものだ。 
だが不思議と『けいおん!』には萌えて、『ぢごぷり』には萌えない。 
これは、『ぢごぷり』からは「エロ」を感じない事とイコールで、 
すなわち倒錯が発生しないからであると考えられる。 

『ぢごぷり』には、おっぱいがたくさん出てくる。 
"黄金比"にとても近い絵で、ぷにゅぷにゅと柔らかそうに描かれている。 
しかし、それらは例外なく授乳器としての機能を果たすのみで、 
「エロ」としての倒錯は起きにくかった。 


育児は、もれなく"快"と"不快"の両方がついてまわり、 
"快"で得られる充足が大きいから、"不快"に耐えられるのだろう。 
これまでの育児漫画は、その両極性をカバーし、 
作品の"象徴"とする事で、多くの読者からの共感を得てきた。 
しかし、どちらか一方を意図的に削ったとするなら、 
穴埋めに別の何かを持ってこないと、作品として成り立たなくなる。 

その補完こそが倒錯であり、『けいおん!』の「萌え」であった。  
『ぢごぷり』は倒錯による読者の穴埋めがなされなかった。 
ゆえに、同じ技術を用いた両作品に差が付いてしまったのだろう。 


―――


こういった倒錯を一種の芸術美として感じさせるには、 
外堀を隙間なく埋めるような周到さと、確かな技術が要る。 
よつばと!』の回で川端康成の共通例を挙げたように、
「萌え」にはモダニズム文学に通じる技術が実際に使われた作品もある。
俳句でも、17文字まで短く削り取った文章から
大きな世界を想像させる手法が古くから用いられており、
そういった意味では「萌え」は詩的であるのかも知れない。

『けいおん!』は、残したコンテクストが高いレベルでまとまるように
"快"の描写をひたすら描き続け、感情移入を高めている。 
優れた作品であるならある程度のバランスを維持しているものだが、
狙ってやらなければ出来ないのが、"黄金比"のバランスである。

この作品は、原作者かきふらいと制作会社の京都アニメーションにより、 
売れるコンテクストとして初めから計算されていたのだ。


 この記事はアニプレッションに投稿しました。

※後記
 アニメ版のトイレシーンにて、記載漏れがあったようです。
 唯ちゃん達もトイレに行った事あるんですって…。
 原作のコンテクストではこの違いは結構重要なんですけどね…。
 


ご清覧ありがとうございました。

共有(シェア)ボタン
各種RSSはこちら↓

Twitter
アクセス数 (UU/Week)

    ブログヒストリー
    ・2012年4月
     LivedoorBlog開設
    ・2012年11月
     漫画感想カテゴリで初の1位
    ・2013年1月
     総訪問者10万人達成
    ・2013年8月
     火垂るの墓の考察記事が検索1位に

    道場主へのコンタクト
    QRコード
    QRコード


    • ライブドアブログ