漫画道場

漫画道場 漫画やアニメを学術的観点から考察・レビューします。



サンデー

【短評】『銀の匙 Silver Spoon』~泣かない勇吾が見せる"生命"のテーマ

今回は、『銀の匙 Silver Spoon』春の巻・夏の巻編の短評になります。

『銀の匙』は、道場主は連載開始からとても注目していて、
1巻の発売前から本棚界の1軍枠を開けて待っていたほどです。
そしてその期待通り、巻行からたった2巻でマンガ大賞2012を受賞しました。


なぜこの作品が面白いと支持されるのか?
一般的に"生命"をテーマに扱う作品は、「感動」をウリにする場合が多く、
感情移入のポイントも決まっている、言わば紋切り型です。
そうでない場合でも、命を扱うというテーマがあまりに重たすぎる為に、
読んでてとても暗くなってしまう事がほとんどです。

ところが、『銀の匙』はそのどれにも当てはまりません。
"生命"という字に表すだけでも重圧を感じるテーマを、極めて明るく読める、
とても稀有な作品である事が面白い理由として挙げられるでしょう。


―――


まず『銀の匙』はその中心定義として、形式意味論から見た"生命"という文脈を、
例えば食物であったり、愛情であったり、人の生き方であったりと、
あらゆる全ての「もの」に込めている事が分かります。
表題になっている銀のスプーンに込められた意味にしてもそうですが、

{ 食物、愛情、銀のスプーン、etc... }

これらを文脈領域とする時、"生命"を文脈とした「もの」の意味が、
下の形式図のような関係で表されます。

形式意味


従来の作品が、「"○○"とは何か」と、中心定義をいちいち説明する事で、
それぞれの文脈の意味を理解させようとしていたのに対し、
『銀の匙』は、文脈の1つひとつに明確な意味を持たせる事で、
中心定義を説明せずとも、読者にそれを感付かせるような表現がなされています。



『ブラックジャックによろしく』を例に取ると、主人公の斉藤英二郎くんは、
事あるごとに「医者って一体、なんなんだ」と声高に主張し、
周りの人達がそれに対する回答を述べる形で、"医者"の文脈を理解させてます。
めんどくせーな、口を動かしてないで仕事しろよ。

ブラックジャックによろしく

↑苦哀の涙を流して、"医者"とは何かを理解する斉藤くん。うぜぇ。



一方、『銀の匙』では、

銀の匙

↑表題『銀の匙』に対する説明。…うん、銀の匙だね。


このように、文脈(この場合、銀のスプーン)がどういう意味なのかを、
周りの人が説明してくれる事がありません。

また、主人公の八軒勇吾くんは、"生命"の在り方に疑問を持つ事はあっても、
命の選択を迫られて涙を流したりした事は、1巻から通じてもただの1度もありません。
漫画的な表現で、「(´;ω;`)ブワッ」ってなってるのは多々あれど、
いわゆるマジ泣きのシーンは全く無いんですよね。


銀の匙銀の匙

 ↑泣かない。                    ↑泣かない。


銀の匙

↑泣きかけてるけど、泣かない。


"生命"という極めて重いテーマを、直接的に描こうとしていれば、
どこかで見たような、「感動」をウリにした作品にしかならなかったでしょう。
八軒くんが食肉にされた子豚を見て、眉を寄せてぼろぼろ涙を流し、
「命って一体、なんなんだ」とその場に合った台詞を付けさせて、
中心定義の意味を理解させたとしても、表現としては正しいのかも知れませんが、
それだと、"生命"がセンチメンタルに支えられていると言ってるも同然な訳です。

作者・荒川弘先生が伝えようとしたのは、そんな安っぽいものでなかったと思います。
そうでなければ、もっと涙を誘うような話になっていたはず。
淘汰される生命を、読者が一歩引いた所から見て考える事が出来るように、
銀のスプーンの元来の意味であったり、食物への敬意であったり、
人に注がれる愛情であったりと、"生命"を取り巻く文脈のそれぞれを丁寧に描き、
間接的にそれを伝えてようとしているのではないでしょうか。


とは言え、ぼやかしすぎて読者に文脈が伝わらなかったら元も子もありません。
描くべきテーマへと間接的にアプローチする方法として、
キャラクターを徹底的に掘り下げている事が荒川作品の特徴です。
前年の大賞作品である『3月のライオン』にも言えるのですが、
なぜその人物がそのような行動を取るのか、人物背景を細かく描く事で、
ストーリーに説得力を持たせようとしているんですよね。

こう考えると、荒川先生は狙って八軒くんに涙を流させなかったのだと言えます。
深刻なテーマを扱う『銀の匙』が、こんなにもすっきりとしてて面白いのは、
深刻さから距離を置き、経済動物を客観的に見詰める立場から、
生きる喜びを感じられるような、明るい人間性を描いているからなのでしょう。

ここに、荒川先生が考える"生命"のリアリティが感じられますね。


―――


気になるストーリーですが、競争に負けて進学校から淘汰された八軒くんが、
自分と同じ境遇の子豚に「豚丼」と名前を付けて世話を始めた事で、
"生命"の重みと敬意、そして愛情を知っていくというものです。

春の巻では、競争の中でしか価値を見出せなかった自分の存在を、
豚丼の世話やピザ作りを通じて、自分の中にある愛情を再確認していきます。
夏の巻では、思い出深いアルバイトで得た大切なお金を、
愛情をもって育てた豚丼の為に使い、自立するという答えを思い出していきます。
食物を通じて経た経験が、文字通り自分の糧となっている訳です。

どうやら、『ワンピース』や『スラムダンク』にも見られた、
繰り返しのプロットが使われているようで、今後に展開する秋の巻・冬の巻編も、
「八軒くんが自分のやりたい事を見つけていく」というお話になるのかなと。


秋の巻では、部活動を通じて友達との距離を縮めようとしてる所です。
これが八軒くんをどのように成長させるのか、楽しみですね。

疑り深い道場主としては、この次に来るはずの冬の巻で、
すっげ悲しい話(例えば誰かが死ぬ)とかになりそうな気がしてるんですが、
いずれにせよ、今後も本棚界の1軍枠から外れる事は無さそうです。
 


ご清覧ありがとうございました。

【短評】『ガンバ!Fly high』~内村航平が愛読した「楽しい体操」


藤巻駿

↑相良さんに最高の技をプレゼントし、満面の笑顔の藤巻駿。


いやー、やりましたね!内村航平選手!
体操競技・個人総合にて、見事に金メダルを獲得しました!
おめでとうございます!!

ほんと一時はどうなる事かと思いましたよ。
当道場が長崎県出身選手の紹介で「金メダル最有力」とか書いた翌日に、
鉄棒でまさかの落下をして種目別決勝への進出を逃したり。
第2のデスブログになる所でした…危なかった。


ロンドンオリンピック特集の第2回はもちろん、「体操」です。

既にニュースにもなっていますが、内村選手は体操漫画である
『ガンバ!Fly high』を愛読されていたそうです。
海外のインタビューで「目標としている体操選手は?」と聞かれた際にも、
藤巻駿(この漫画の主人公)」と答えられたほどのハマりよう。

この作品は、原作がロサンゼルス五輪の金メダリスト・森末慎二さんなんですよね。
自ら企画を週刊少年サンデーに持ち込まれ、体操競技の面白さを、
森末さん自身の経験を通して描かれてきました。

内村選手もハマっていた体操漫画が伝えてきたものとは何か。
今回はそれを見ていきたいと思います。


―――


東伝次

↑つり輪のヘラクレス・東伝次。


『ガンバ!Fly high』という漫画を象徴するのが、東先輩のこのシーンですね。
ウルトラG難度の力技を披露するも、技の構成を抜いてしまった為に点数は伸びず、
それでも自分の技を出し切った事をガハハハと笑い飛ばしています。

この後、藤巻駿が自身の代名詞であるトカチェフ前宙を決めるのですが、
新堂キャプテンから「藤巻は9.70以上を出せますかね?」
と聞かれた、平成学園体操部コーチのアンドレアノフは、
「得点は…問題じゃない!大切なのは本人が満足出来る演技が出来たかどうかさ」
と、演技を楽しむ事の重要性を説いています。


アンドレアノフは、「楽しい体操」を駿たちに教えてきました。
点数をあえて気にせず、難しい・美しい技をやりたいままに挑戦する。
内田先輩は哲学的に、真田先輩はかっこよく、東先輩はパワフルに、
それぞれが考える体操の表現を、「楽しい」という言葉に置き換えています。

留意すべきは、技の構成を無視した演技や、加点対象にならない演技などを、
金メダリストの森末さんが肯定的に描いている事です。
東先輩の例で言うと、空中でポージングを決めてニッカリ笑ったり、
手首をまっすぐに伸ばさずわざわざ疲れる握り方をしたり、
審査の上で何の得にもならない事を好きこのんでやっている所ですね。

点数至上主義として描かれるライバルの李軍団の方が、
実は正論を言ってるのですが、この作品ではあえてそれを否定しています。
自己満足とも言えかねない「美しい体操」を、「楽しい体操」と結びつけ、
積極的に取り組ませるアンドレアノフコーチの指導方法は、
そのまま森末さんのメッセージであると受け取る事が出来るのではないでしょうか。


―――


冒頭のシーンに戻ると、駿は自身の代名詞である「トカチェフ前宙」を、
閉脚屈伸の姿勢から繰り出し、見事に成功させています。

しかし、当時の体操競技のルールでは、トカチェフ前宙自体がスーパーE難度で、
開脚でやっても閉脚でやっても、上限は変わりません(たぶん)。
技の難易度が青天井になった現在のルールであれば加点されるでしょうが、
この時の駿の演技は、「相良さんに最高のトカチェフ前宙をプレゼント」する為の、
得点として評価されるかどうかも分からない自己満足なんですよね。

しかし、技を成功させた後の駿は、ご覧の通り満面の笑顔。
結果としても、9.902という超高得点を叩き出しますが、
この笑顔こそが、『ガンバ!Fly high』という漫画そのものなのです。


トカチェフ前宙は、駿が中学生の時、アンドレアノフコーチの前で
3人の先輩と一緒に開いた「新技発表会」で初披露した技です。
新技と言っても、中学生が考える程度のものですから、
それぞれが披露した技も、技と呼べるほどのものでも無かったのですが、
どれもやはり、「楽しい体操」の延長線上から生まれたものでした。

駿の新技も、たまたま競技で認定される「新技」であったというだけで、
その原点は3人の先輩の新技と同じ、「楽しい体操」なんですね。
屈伸のトカチェフ前宙も、そうした体操を楽しむ心から生まれたものであり、
いかに難しく、いかに美しい技を披露するかという向上心こそが、
森末さんが考える「楽しい体操」だという事が分かります。


―――


内村選手も、演技を終えたらカメラに向かってピースサインをし、
野菜は食べずに有楽製菓のブラックサンダーを食べまくり、
求道者のようなスポーツ選手とは正反対の、無邪気な心をお持ちです。
ゆかのG難度「リ・ジョンソン」など、とてつもない技を軽々とやってのける裏には、
小学生の時にご両親がプレゼントしてくれたトランポリンで、
きゃあきゃあ言って遊んでた背景がある事が知られています。

子供の遊びの延長が、最高難度の技に繋がっているなんて…。
まさに漫画の中の世界の話じゃないですか。
これが内村選手の口から語られるのですから、信じざるを得ないですね。


『ガンバ!Fly high』は、「楽しい体操」を伝えるばかりか、
漫画の面白さまでも備えた、ウルトラG級の素晴らしい作品であるのは、
審査をする読者の目から見ても、疑う余地もないでしょう。

そしてそれを愛読していた内村選手が金メダリストとなったのは、
日本の誇りがまた1つ増えたという事なのかも知れません。
 


ご清覧ありがとうございました。

共有(シェア)ボタン
各種RSSはこちら↓

Twitter
アクセス数 (UU/Week)

    ブログヒストリー
    ・2012年4月
     LivedoorBlog開設
    ・2012年11月
     漫画感想カテゴリで初の1位
    ・2013年1月
     総訪問者10万人達成
    ・2013年8月
     火垂るの墓の考察記事が検索1位に

    道場主へのコンタクト
    QRコード
    QRコード


    • ライブドアブログ