漫画道場

漫画道場 漫画やアニメを学術的観点から考察・レビューします。



引っ越しました。
新ブログ「記号論研究所」を宜しくお願い致します。
URL→ http://semiotics.blog.jp/

特撮

【短評】『特命戦隊ゴーバスターズ』~象徴化された原発事故


エネトロンタンク


↑「人類の命の源」と称される、完全無欠のクリーンエネルギー。


 都市生活を支える巨大なエネルギー、エネトロン。
 それを狙い、人類を脅かす存在・ヴァグラス。
 ゴーバスターズとは、人々を守る「特命」を帯びて戦う若者達の事である!


今回は、『特命戦隊ゴーバスターズ』の考察を行います。

スーパー戦隊シリーズにおいては、30年以上の長きに渡って、
子供目線から見ても分かるような作り方がなされてきました。
しかし、36作目となるこの『ゴーバスターズ』だけは、
これまでとは異なる表現が用いられているような気がするのです。

なぜ私がそう感じたのかは、以前の特撮短評で述べた通りですが、
今回はそれを詳細にまとめて、この作品の背景を考えてみます。


なお、これまでの考察とは違い、完全に私見で記事を作成しています。
ここで明らかにする事のいくつかは、とても客観性のあるものではありません。
それを踏まえた上で、お読みになって頂けたらと思います。


―――


『ゴーバスターズ』は過去のシリーズと何が違うのか?

変身バンクシーンの撤廃や、巨大ロボットの同時侵攻はもちろんですが、
それ以上に、「何か」を象徴すると思われる隠喩らしきものが、
作品の背景からうっすらと感じられるという事です。

そもそもこの考察は、なぜ2011年の東日本大震災の翌年に、
エネルギー問題をテーマにした作品を発表したのかという疑問からスタートしてます。
人類にとって必要不可欠なエネトロンをクリーンエネルギーの象徴として扱えば、
あの忌まわしい原発事故が想起されるのも不思議ではありません。
実際にGoogleで「エネトロン」を検索すると、「原発」のキーワードが付いてきます。
それだけ多くの人が感じ取り、検索しているという事です。

過去のシリーズでここまで踏み込んだテーマを採用したのは、
1999年『救急戦隊ゴーゴーファイブ』で、ノストラダムスの予言を取り上げたくらい。
それでも今年よりははるかにライトな表現です。


『ゴーバスターズ』が原発事故の影響を受けて作られたと仮定した場合、
作中に出てくるいくつかの表現が引っかかってきます。


(1) 「13年前の事故」

舞台は新西暦2012年。13年前の1999年に起きた「亜空間の事故」で、
主人公の3人の運命は大きく変わってしまったと語られていますが、
これを西暦に直すと、日本国内で初めて事故被曝による犠牲者を出した、
東海村JCO臨界事故」を示唆している可能性が出てきます。

原発の運用是非で国が二分する中で、あえて13年前の出来事を
象徴的に取り上げる必要性があるのかを考えたら、こういう結論に至りました。
わざわざ新西暦に言い直してパラレルワールドという設定にしているのは、
原発事故を想起させないよう、オブラートに包む為ではないでしょうか。


(2) 「亜空間」

亜空間」では人は生きられないという表立った設定も、
やはり「放射能」による放射線被曝を示唆しているのではと思えてしまいます。
あの荒廃した建物や風景を見ていると、まるで放射能汚染によって
人が住めなくなった土地を見ているような気にさえなるのです。

これもまた現在住んでいる世界とは別次元であるように描写されており、
マイルドな表現に抑えられていると言えるでしょうね。


(3) 「メサイア」

メサイア(Messiah)」はメシア=救世主を意味する言葉で、
元々は敵の親玉の名前ではなく、転送研究センターで使われている
スーパーコンピュータのメインプログラムの名前として使われていたものです。
それが、コンピュータウイルスによって暴走し、今の姿になっています。

つまり「メサイア」は「悪意」の象徴で、どんなに優れたシステムでも、
使い方を誤れば大きな「事故」に繋がる事を示唆しているように感じられます。
これも、コンピュータという1つのクッションを置いている為、
意図的に分かり難い表現にされていて、それが今作の分かり難さにもなってます。


以上を踏まえて、主人公3人のこれまでのストーリーを振り返ってみましょう。


―――


「メサイア」による「13年前の事故」の後、ヒロム、リュウジ、ヨーコの3人は、
ヒロムの父やヨーコの母のおかげで切り離された「亜空間」から脱出し、
ヒロムは泣いているヨーコに、「亜空間」の人々を元に戻す約束を結びます。

それから時は進み、わずかな量で莫大な動力を得る事が出来て、
人体にも全く悪影響が無いという、夢のような新エネルギーが発見され、
人類のライフラインを支える、なくてはならないものになります。

ところが、13年前に収束したはずの「メサイア」が、この新エネルギーを狙い、
「亜空間」から再び元の世界へと侵食し始め、人類を脅かすようになりました。
成長したヒロム達は新エネルギーを悪用されないよう安全に管理する、
エネルギー管理局・特命部に配属され、「メサイア」の脅威と戦っていきます。


幾多の闘争を経て、「亜空間」の内部に潜入したヒロム達は、
「13年前の事故」で取り残された人々を何とか救おうと画策しますが、
実は彼らは「メサイア」によって「亜空間」の一部に取り込まれていました。
「メサイア」の脅威を破れば、「亜空間」に取り残された人々も見捨てる事になる。


ヒロムは決断します。

> 俺達がここで迷う事は父さん達の覚悟を無駄にする事になる。
> 世界を終わらせる事になる。俺達の13年はそんな事の為にあったんじゃない。



そしてヨーコにはこう告げます。

> 俺は約束を破る。13年前は元には戻せない。


ヨーコもこれを承諾し、ヒロムはリュウジらと共に「メサイア」を振り払い、
世界の秩序を守る事に成功しました。


…と、ここまでがおさらい。


問題はここからです。
「」の中身を、以下に置き換えてみて下さい。


・ 13年前の事故 → 原発事故
・ 亜空間 → 被災地
・ メサイア → 事故の元凶(つまり原発)



違和感なく、すんなり読み解けませんか?

もしも『ゴーバスターズ』が原発事故後に起きたエネルギー問題に
本当に影響を受けていたとしたなら、全く違った解釈が出来るのです。
つまり、もう2度と同じ悲劇を繰り返させないと。


ヒロムの台詞の意味合いも変わってきます。

> 13年前は元には戻せない。


この言葉は、原発事故で失ってしまった日本の故郷が、
元の形のままを取り戻す事が恐らく出来ない事を暗に示しているんじゃないかと。
しかしながら作中で描かれたように、決してネガティブな意味ではなく、
残された世代が未来を目指して歩みを進めるエネルギーになっていく
そんなメッセージが込められているように思えます。


 すべては あの日きっと
 始まっていた 運命(デスティニー)
 僕らは 逃げたりしない
 止まることなく 未来を見た


第1話の時から注意深く観てきた今作のテーマが、暗さを払拭し、
希望の持てる内容でひと段落を迎える事が出来て、本当に良かったです。


おまけに、恒例の予言タイム。



―――


重ねて述べますが、これは私が考える作中のテーマであり、
脚本を手がける小林靖子さんが本当にこれを意図していたのかは別です。
一見すると筋が通っているように見えても、この考察の土台は、
『電王』や『オーズ』に隠された背景を見事に描ききった小林さんなら、
何かしらの隠喩を作品に残す事もするだろうという推論で成り立っています。

ですので、あくまで解釈のひとつとして捉えて頂ければと思います。


一刻も早く原発問題に終止符を打ち、被災者の皆様が
笑顔で故郷の地を踏める日が来る事を心より願っています。
 


ご清覧ありがとうございました。

【考察】『仮面ライダーウィザード』~ストーリー予想

【平成仮面ライダーシリーズの考察記事】
  総論 龍騎 555 フォーゼ ウィザード



さて、今日からスタートした『仮面ライダーウィザード』。
皆さんどんな感想をお持ちになりましたか。

当道場では、6月26日の平成仮面ライダーの考察にて、
『ウィザード』の公式発表の後にこんな予言を書きました。




さぁ、ショータイムだ。答え合わせを始めよう。
納期から1日過ぎてますけどね。


結論から言っちゃうと…、ハズレでした。。。orz
m9(^Д^)プギャーww

…道場主に石を投げつけるのはお止め下さい!

しかし、当たらずも遠からずといった所でしたので、
とりあえず、放送を観て分かった事だけ書いていきます。


―――


『仮面ライダーウィザード』が"占星術"を背景にしている事は、
道場主の見立て通り、どうやら間違いなさそうです。
中心定義として"日食"を扱っている事からも分かります。
「星を占う術」と書くと神秘的な感じに聞こえちゃうでしょうけど、
実際の占星術は、緻密な計算に基づいた数学的な予測だったりします。

日食などの天体現象が起こる正確な日付や時間が分かるのも、
その計算のおかげなのですが、「占い」とか「術」とか言うのには、
天体現象にスピリチュアル的なパワーがあると定義しちゃってるからです。
占星術は言わば未来予測=魔法のようなものです。
『ウィザード』では、今年の金環日食の日に何やら事件が起こり、
それがきっかけで主人公の操真晴人は魔法使いになったという設定のようです。

で、この日食現象を予測する計算方法ですが、
サロス周期(6585.3212日)というのが一般的であり、
何と古代ギリシャ時代には、これを使って日食の周期予測をしていたそうな。
細かい説明は例のごとく、後の短評にて行いますが、
要するに大昔から科学的見地からの占いは存在したのです。


魔法使いになった晴人は、心の中に"ドラゴン"を飼うようになりました。
『ブレスオブファイア』的なアレでしょうか。好きですよそういう話。
日食の日に生まれたファントム(今回の怪人)の仲間なのだそうですが、
日食とドラゴンには深い相関があるんですよね。
サロス周期を使って計算された太陽と月の交わるポイント(交点)を、
占星術では「ドラゴンポイント」と呼んでいるのです。
交点には昇交点(ノースノード)降交点(サウスノード)の2つがあり、
それぞれドラゴンヘッドドラゴンテールと名前が付いています。
つまり、ドラゴンに取り憑かれた晴人は、日食の化身という訳です。

月の軌道は大昔から予測されていた事は既に述べましたが、
太陽の軌道もやはり同じように周期予測されていて、
それゆえに日食が起こるポイントまで分かってしまうんですな。
天体現象の周期から暦表(カレンダー)まで作られてますが、
月の暦法を「太陰暦」、太陽の暦法を「太陽暦」と呼ぶ事はご存知でしょう。

『ウィザード』ではこれらの暦法を何らかのテーマとして作中に落とし込み、
大きな謎としてストーリー展開していく事が予想されます。
コヨミちゃんなんてモロにそうだしね。


―――


ですが、腑に落ちない点が1つ。

仮に暦法をテーマに組み込むのであれば、足りないものがあるのです。
それが、ウィザードの変身フォーム。

ダブル=「2」、オーズ=「3」、フォーゼ=「4」と来れば、
今作が「5」という数字を象徴的に扱うだろう事が誰だって分かると思います。
ところが、ウィザードは風火水土の4つのスタイルしか無いんですよね。

ウィザード

↑ウィザードの変身フォーム。4つのスタイルしかない。


陰陽暦の上でも、「5」という数字は特別な意味があります。
言うまでもなく、火星・水星・木星・金星・土星を五芒星で結んだ、
5つの元素の相克を表した「陰陽五行」の事です。
もちろんこれにも数学的性質がある事が知られています。

ウィザードの変身フォームが5つならすんなり飲み込めたのですが、
それをわざわざ1つ減らし、5つ目を契約の指輪(エンゲージリング)にして、
4つの元素の力を操ってファントムと戦っています。

これはまるで科学が存在しなかった頃の時代の解釈ではありませんか!


4元素説を唱えたのは、古代ギリシャ時代のエンペドクレスという人です。
『テイルズオブヴェスペリア』に出てきた魔女っ子のリタが、
"リゾマータの公式"という言葉を使っていたと思いますが、
このリゾマータ(根源)という定義は大昔のギリシャ人が考えたんですな。
すなわち、物質は風・火・水・土の4元素から成る、という説です。

ちなみに、この頃には概念としての「原子論」は既に発表されています。
科学的見地から見ても、物質を構成しているのはリゾマータではありません。
ですが、エンペドクレスの4元素説の優れている所は、
風=空気が、何も無いのではなく、物質として存在する事を実証した点にあります。

まぁこんな長ったらしいうんちくはさておくとして、
ウィザードは明らかに4元素の力を利用していますよね。
火に変身する時は手を"左"に、土="下"、風="上"にしてました。
おそらく水に変身する時は"右"にかざすのでしょう。
で、これは4元素図に表された対の位置関係と同じです。


オープニングの初っ端でも、「科学と魔法」についてのナレーションがありました。
つまり、星の軌道も余裕で計算できる科学全盛の現代において、
わざわざ科学が広まっていなかった時代の解釈を取り入れるというのは、
ファントムの目的が忘れ去られた魔法の力の復活にあるという事でしょう。
『ウィザード』は科学を否定する所からスタートしているのです。

おそらく、"希望"と"絶望"というキーワードが手がかりになるのでしょうが、
忘れ去られた力とは、現在では使用されていない太陰暦と関わりがあると思います。
日食は昼と夜が逆転する現象である事を考えれば、
太陽の世界=昼=希望で、月の世界=夜=絶望という事でしょうか。
日食の化身であるウィザードはその両方を行ったり来たりできて、
昼夜を逆転させて絶望の淵に立たされた人々に希望の光をもたらしてくれる
という、今作の主題が見えてくる気がしますね。

―――


最後に、もう1つのキーワード・リングについて。

『ウィザード』の第1回目には、3つのリングが出てきました。
1つがドーナッツ。1つが金環日食、1つが指輪。
わざわざ同じ意味を示唆するものを3つも出している事を見ても、
これが相当に重要な定義である事は間違いないでしょう。

ウィザードは絶望した人の心の中にダイブする時に、
5つ目の魔法の指輪であるエンゲージリングを相手にはめていますね。
ウィザードの力がエンペドクレスの4元素説が基になっていると仮定すると、
エンペドクレスは、4元素を円環的にぐるぐる回して世界を維持する力と、
それを切り離して新しい世界を築く力として、「」と「憎しみ」を定義しています。
4元素説における「愛」の力とは、輪を描くように循環しているのです。

ウィザードの足りないもう1つの変身フォームを補っているのは、
「愛」の象徴であるエンゲージリングなのでしょう。
エンゲージリングは絶望してバラバラになった人の心を元に戻す為に使われましたが、
ウィザードは「愛」の力で世界の理を繋ぎとめようとしているのではないでしょうか。
うーん、何とも占いチックな話になってきやがった。


で、愛の哲学者・道場主の、恒例の予言タイムです。
足りないもう1つの力が「愛」であるなら、陰陽五行説に再度当てはまるんですな。

『ウィザード』では占星術や暦法を背景にしていると思われるのに、
いかにも題材に取り上げそうな天体のスピリチュアルパワーを無視してます。
そして、その天体の中に「愛」を象徴する星がある。
空に燦然と輝く暁・宵の明星ヴィーナス、つまり金星です。
火星=赤、水星=青、木星=緑、土星=黄色と考えても、金星だけ余っちゃう。
私はこれを、わざとそうしているのだと考えてます。

この金星、2012年と深い関わりがあるんですよ。
金環日食の2週間後に、金星の日面通過現象が起きてるんです。
そしてもっと面白いのが、ヴィーナストランジット現象。
金星が日面通過する軌道を追っかけていくと、何と五芒星の形になるのです!

魔法を題材にした作品が、こんな面白いネタを放っとくと思いますか?
私にはウィザードが愛の力で5つ目のスタイルに変身する姿がもう見えてますよ。
絶対そうだそうに違いない。色が金色で属性が雷とかだったら完璧な予想だ。


さらにもう1つ。日食が起きるドラゴンポイントは2つあります。
地球上のある交点で日食が起きていたなら、その裏側の交点では満月が見られたはず。
それも普通じゃ見られない、完璧な真円を描く特別な満月が。
ウィザードが日食の化身であるなら、日食の時、もう1つのドラゴンポイントで、
もう1人のライダーが誕生している可能性があります。

私はこれを、満月と何か関わりがあると予想します。
ま…まさかシャドームーン先生がッ(嘘)。


―――


という訳で、考察まとめです。


・ ウィザードは日食の化身。
・ 昼夜逆転させて絶望の闇に沈んだ人々に希望の光を届けてくれる。
・ 5つ目の変身スタイルは「愛」=金星(ヴィーナス)。雷属性。
・ もう1人のライダーは満月の化身。



なお、この予想が壮絶なネタバレになっていても知りません!
まぁ天気予報並みの精度と思ってくださいまし。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。スピリチュアルな未来予知でした。


ご清覧ありがとうございました。

【総評】『仮面ライダーフォーゼ』~スイッチで本質化する内的宇宙

『仮面ライダーフォーゼ』が最終回を迎えました。

座薬のような頭頂部 もとい、革新的なデザインで話題をさらい、
好評のうちに幕を閉じる事となったこの作品ですが、
先日の短評で解説した通り、背景には壮大なテーマが隠されています。

今回は、それをさらに詳しく見ていくと同時に、
『フォーゼ』が描いた宇宙の本質について纏めてみようと思います。


【平成仮面ライダーシリーズの考察記事】
 総論 龍騎 555 ウィザード



―――


『仮面ライダーフォーゼ』は、1970年にノーベル物理学賞を受賞した
ハンネス・アルベーン博士の「プラズマ宇宙論」をベースにしていると思われます。

 ・磁場 = 階層(アメリカン・ヒエラルキー)
 ・重力 = 友情(対等な人間関係)


宇宙学では、言わずと知れた「ビッグバン理論」が主流です。
この理論は、これまた有名なアインシュタイン博士の相対性理論が背景にあり、
アインシュタインは宇宙定数を使って、重力によって揺れ動く星々が、
宇宙項(反重力)によって均衡が保たれる宇宙の姿を説明しました。

 G=κT-λg

※ Gは重力、κTが運動エネルギー、λgが反重力。

ところがこの定数、アインシュタインが考える定常的な宇宙の姿に従うべく、
帳尻合わせとして導入されたもので、実際の宇宙は膨張を続けている事が、
宇宙望遠鏡の名前にもなっているハッブル博士の観測によって明らかになりました。
アインシュタインは机上の空論だった宇宙項を後に撤回し、
「生涯における最大の失敗」だと述べています。

ところがところが、アインシュタインの死後に逆転ホームランが待っていました。
宇宙の膨張は右肩上がりの想定ではなく、重力によって弧を描くように減速し、
いつかは静止してしまう事が予想されていました。
これが、ハッブル望遠鏡で遠い宇宙の向こうの超新星を観測した結果、
減速どころかむしろ加速していた事が確認されたのです。

つまり、自らの重力におしつぶされるはずの宇宙が永遠に膨張し続ける為には、
重力に対抗する為の、より大きな反重力が必要な訳で、
アインシュタインの宇宙定数は、仮定としては正しかったと証明された事になります。

現在の宇宙論では、この力を暗黒エネルギー(ダークエネルギー)と呼んでいます。
何てったって世界中の天才科学者が束になっても解明出来なかった力です。
名前が中二病的でかっこよすなのはお察し下さい。


―――


プラズマ宇宙論は、物質を構成する原子の安定した姿から、
ボトムアップ的に宇宙の姿を説明した理論です。

原子は、陽子(+)を含んだ原子核の周りを電子(-)が飛び交う事で、
電気的に安定させ成り立っています。要するに磁石の力です。
ビッグバン理論では反重力的なエネルギーを謎としてきましたが、
プラズマ宇宙論では+と-の電磁作用で簡単に重力と反重力の関係を説明しました。


原子で構成される人間も+と-があり、お互いを重力で引っ張り合っているのですが、
『仮面ライダーフォーゼ』では、重力を"友情"に置き換えており、
重力から反重力に切り替えるアイテムとして"スイッチ"を象徴的に扱っています。


宇宙が今も膨張を続けているというのは、重力<反重力の状態だという事です。
『崖の上のポニョ』の考察で潮汐力の解説をした通り、
地球や月も例外ではなく、反重力によって月は地球から遠ざかっています。
これを希薄化する現代の人間関係に当てはめたのが『フォーゼ』のテーマです。

階層によって磁場が保たれている天ノ川学園において、ゾディアーツスイッチは
定常宇宙の力の源である、ダークエネルギーを呼び起こすものです。
ダークエネルギーは未知なる力。作中で描かれる"コズミックエナジー"とは、
人間関係を引き離す反重力のエネルギーであったと考えられます。
つまり、スイッチを押すと磁場が乱れ、人間関係が壊れていく。
学園理事長・我望光明の狙いは、"友情"という重力に縛られた人間を、
宇宙に輝く恒星のように、唯一の輝ける存在として進化させる事にあったのでしょう。

これに対し、フォーゼに変身する主人公・如月弦太朗の存在は、
リーゼントに短ラン姿と、明確に古き良き時代の人間である事が意識付けされており、
その他のブレザーを着たスマートな現代の若者達と対比させています。
「この学園の生徒全員と友達になる男だ」と連呼させる事で、
前時代的な特有の暑苦しさをベタに演出しているのも分かりますね。


フォーゼが使うアストロスイッチは、未知と言うより、既に制御されています。
ゾディアーツスイッチが反重力のエネルギーをそのまま取り込んだものだとしたら、
アストロスイッチはその力を制御しようとしたのではないでしょうか。
ゾディアーツになると人間は全てを反発し、最終的には我望のように孤立します。
反重力のエネルギーを行使したい我望にとっては、重力=友情など邪魔なだけです。
赤い目の輝きは、全ての人間関係を跳ね除けてきた非人間的な証なのでしょう。

アストロスイッチの開発者・歌星緑郎は、我望の親友でもありましたが、
我望と異なり、大地に根を下ろす事を望んでいたと思います。
反重力によって宇宙は膨張し、人間関係が疎遠になっていっても、
地球という星は、人間にとって帰るべき場所に違いありません。
歌星博士は重力に縛られた人間を愛していたのでしょう。

「ゾディアーツスイッチは人体への負担がかかる」という台詞は、物理的にも正しく、
人間は重力の束縛からムリヤリ離されると、様々な障害を起こします。
だからこそ宇宙に行く為の訓練を宇宙飛行士が積む訳ですが、
重力を友情に置き換えてみると、人間は1人では生きていけないという、
2つの意味に連なるメッセージである事が明らかになるのです。


ふ…深い。深すぎる。もはや子供番組じゃねーよ。


―――


歌星博士の息子・賢吾は、紆余曲折を経て友情を築いた弦太朗に、
変身出来ない自分の代替として、アストロスイッチとフォーゼドライバーを託します。

この賢吾くん、実は人間ではなく、体内にあったコアスイッチから生まれ出た
"コアチャイルド"なる存在であった事が判明します。
コアスイッチとは、20年前に我望と緑郎が月面で発見したもので、
宇宙から声を発していた宇宙の大いなる意志である"プレゼンター"が、
その声を受信出来る知的生命体と接触する為に、宇宙にばらまいたのだそうな。
コアスイッチを解析して得られた力がコズミックエナジーであるなら、
プレゼンターの意志とは、宇宙を膨張に向かわせるベクトルの事だと考えられます。

で、このコアスイッチ、やはり隠された意味があります。
『フォーゼ』がプラズマ宇宙論をベースにしていると定義した場合に限るのですが、
"コア"という言葉は、物質の最小単位の"原子核(コア)"を示す推察されるのです。
原子論では、最小の物質である原子は、最小の宇宙であるともされています。


内的宇宙 外的宇宙

↑内的宇宙である原子と、外的宇宙である銀河系の比較。
 その姿形や、力学的バランスまで酷似している。



原子核は、陽子(+)と中性子で構成されています。
+と+が寄り集まれば反発し合い斥力が発生しますが、これを「核力」と呼ばれる
中性子の強い相互作用(+と-の電磁作用の102倍の引力)で原子核を安定させてます。
かの有名な湯川秀樹博士の中性子理論です。

プラズマ宇宙論は、宇宙に存在する正体不明のダークエネルギーについて、
磁場による相互作用であると説明し、重力に支配されたこれまでの定説を覆しました。
この理論はビッグバン理論を否定するもので、まだ主流ではないのですが、
人工的に発生させたプラズマが、銀河の構造のように渦巻きを描くなど、
実証的にも信憑性の高い理論として注目されている新説です。


コアスイッチは、コアチャイルドである賢吾の中にありました。
我望は外的宇宙から得たダークエネルギーで宇宙に出ようとしましたが、
コアチャイルドの原子核は、外的宇宙に匹敵するほどの力を既に内包していました。
すなわち、コアスイッチを原動力とした内的宇宙の形成です。
コアスイッチには、核力によって反重力を制御する力があると考えられます。
我望の力はビッグバン理論によるもので、賢吾の力はプラズマ宇宙論によるもの。
『フォーゼ』で描かれる戦いは、対立する2つの理論の戦いでもあるのです。


賢吾は宇宙に旅立つ指名を持って弦太朗達に別れを告げますが、
弦太朗の発した重力と、賢吾の中の重力が引かれ合い、
地球を帰るべき場所として、賢吾は弦太朗のもとに戻ってきます。

外的宇宙である銀河の果てから送られてきたプレゼンターの意志が、
内的宇宙であるコアとなって賢吾の体内で働いているのは、
宇宙学の観点から見ても大変に面白い解釈で、
このストーリーを考えた中島かずきという人は、宇宙学に関する
何らかの知識を持って脚本制作に当たったと見て間違いありません。


―――


我望が支持するゾディアーツスイッチによる宇宙進出を否定した賢吾は、
アストロスイッチで宇宙の反重力的なエネルギーを制御し、
フォーゼシステムによってその力を行使して、宇宙へと旅立とうとしました。

人間は重力から解き放たれれば、簡単に宇宙へ行けます。
それを否定してしまえば、別の方策を講じなければなりません。
ではその方策とは何か?それは、賢吾が支持したフォーゼシステムが
何を象徴しているかを考えれば、自ずと答えが出てきます。

フォーゼのデザインは宇宙服をモデルにしているそうです。
嘘だろ?あの座薬がか? 確かに宇宙を意識したスタイルですね。
フォーゼシステムは単身で宇宙まで飛んで行く事が出来ます。
フォーゼが宇宙に出る時は、愛車のマシンマッシグラーを使うか、
コズミックステイツにチェンジしてロケットを使っています。
要するにフォーゼシステムは、ゾディアーツスイッチ=反重力に頼らずに、
宇宙に進出する事を目的としていたと想定されるのです。

宇宙への進出は、人類開闢から連綿と受け継がれてきた夢でもあります。
宇宙服をモデルにしているフォーゼは、明日を夢見る子供達を
果てしない宇宙へと導いてくれる、宇宙船のような存在なのかも知れません。
『宇宙兄弟』では、宇宙服の事を「最小の宇宙船」だと紹介する台詞がありますが、
フォーゼの宇宙服スタイルもやはり"宇宙船"を表していたと考えられます。


―――


「内的宇宙」という言葉を最初に使ったのは、J.G.バラードというイギリスの作家です。
彼はこう言います。「人間が目指すべきは、外的宇宙ではなく内的宇宙だ」と。
作品の背景にある壮大なテーマや、フォーゼの象徴化に見られるのは、
中島かずき氏の内的宇宙だと言っていいと思います。
『仮面ライダーフォーゼ』は、原子の仕組みを作中に落とし込む事で、
バラードが目指した深遠な内的宇宙を見事に表現したのです。

弦太朗と賢吾は、最後に自力で宇宙に行く事を誓い合いました。
『フォーゼ』が描こうとした宇宙の本質は、重力と反重力が拮抗した、
定常的な人間関係、つまり、変わらない友情であったと思います。


この1年間、私達を宇宙への夢へと誘ってくれたのは間違いなく、
ダサかっこいい座薬ちゃん フォーゼの戦う姿でした。


この記事はアニプレッションに投稿しました。
 →【総評】仮面ライダーフォーゼ~スイッチで本質化する内的宇宙
 


ご清覧ありがとうございました。

【短評】平成仮面ライダーシリーズを学術的観点から解説する


フォーゼ

↑「宇宙キタ━━━!!」にはきちんとした理屈と意味がある。


【平成仮面ライダーシリーズの考察記事】
 龍騎 555 フォーゼ ウィザード



9月から始まる次の仮面ライダーの名前が、
『仮面ライダーウィザード』に決まってるそうですね。

毎年この時期になると、少ないメモリを搭載した私の頭の中は、
「次はどんな難しい学論をテーマにするんだろう」という妄想で占有されます。
魔法使いだよね…? 科学の分野で"魔法"と言えば、
ノーベル物理学者のメイヤーとイェンゼンの2人が提唱した
"魔法数(マジックナンバー)"が頭に出てきますが…果たして?


で、何でこんな妄想をいきなり始めるかと言うと、
これまでの平成仮面ライダーシリーズでは、
毎年必ず、何かしらの難しい学論を背景にしたストーリーを
子供にも分かるレベルに落とし込んで提供し続けてきたからです。
私が確認している限り、少なくとも『龍騎』の頃から。

先日アップしたクールジャパン論でも、こういった事を書いてます↓

 > アニメやゲーム、その他映像作品についても同様で、
 > 日曜の朝に放送される子供向けの仮面ライダーやプリキュアにまで、
 > 相対性理論などの難しい学論や、黒沢明が使用した映像表現を、
 > 子供でも簡単に見れるレベルにまで落とし込まれている事は、
 > それぞれのファンから毎年のように指摘されている。

 > 知らないのは、ハイカルチャーこそが日本の正統文化だと信じてやまない、
 > サブカルチャーを子供のものと決めつける大人だけなのだ。

さて、こんな事を書いた以上は根拠を示さなくてはなりません。
でないと当道場の全ての記事が「脳内ソース乙」と言われかねない。

という訳で、今回は平成仮面ライダーシリーズが、
いかに知的好奇心をくすぐる私好みの作品群であるかという事を、
具体的に証明してみたいと思います。

…ええ、誰得とか気にしませんよ!


―――


早速ですが、引用元の記述にある、「相対性理論」を背景にした
仮面ライダーって、いったいどのライダーの事でしょう?

カンの良い方はお分かりのはず、『仮面ライダーカブト』の事です。
「天の道を往き、総てを司る」「俺が正義」のキャッチコピーの作品ですね。
個人的には「俺が正義だ」と聞くと、ブラジル国歌と言われる
アイ高野さんのあの歌の事を思い出します。


『カブト』では、サナギ形態のマスクドフォームから
成虫形態のライダーフォームにキャストオフ(脱衣)した時、
周囲の時間が止まっているかのように高速で動けるようになります。
これが「クロックアップ」の状態です。

物体が高速で移動するほど、周囲の時間の流れは遅くなる事は、
相対性理論の基本的な定義として知られていますよね。
『カブト』はこれを演出として表現し、エンターテイメントに変えています。

「ハイパークロックアップ」の状態になると、
今度は過去や未来など、時間を越える事が出来るようになります。
SFなんかでよく出てくる、いわゆる超光速理論が基になってます。
こないだの名古屋大のニュートリノ実験でも話題になりました。

とまぁこのように、カブトの超現実的なかっこよさは、
きちんとした現実の理屈に基づいて作られているんですね。


―――


そこから更に発展させたのが、『仮面ライダー電王』です。
『電王』の基になったのは、相対性理論の公式の矛盾点を証明した
車椅子の偉人・ホーキング博士の「特異点定理」です。

相対性理論には「アインシュタイン方程式」という公式があります。
アインシュタインはこの方程式により、超光速理論を、
つまり時間を越えるのが不可能である事を証明しました。

しかしホーキングは、アインシュタイン方程式の定数の部分に
∞(無限大)と0(ゼロ)を代入し掛け算した場合において、
鉄板の公式で得られる解が成立しない事を証明しました。
これが、ブラックホールとホワイトホールの存在です。


主人公の野上良太郎は、ブラックホール(∞)という特異点に当たります。
あらゆる運命を呼び込んでしまう体質の持ち主として描かれてます。
数々の不幸な目に合うのも、イマジンを憑依出来るのも、ブラックホールだからです。
もう1人のライダー・桜井侑斗は、ホワイトホール(0)という特異点です。
そして、あらゆる運命の束縛を受け付けないという設定。
だからゼロノスという名前な訳です。ゼロに何を掛け算してもゼロのまま。
彼らが時間を越える事が出来るのは、相対性理論で定義された
アインシュタイン方程式に当てはまらない存在だからです。

『カブト』は"料理"という設定までは上手くストーリーに落としこめてませんでした。
当時はまだ制作者も方向性を模索してる状態にあったからだと思われます。
しかし『電王』は、"電車"という設定を非常に上手く落とし込んでます。
おおよそ、この頃から同シリーズの新たな方向性が決まったのでしょう。


―――


そしてこの方向性が完成の域に到達したのが、
ダサかっこいいと評判の『仮面ライダーフォーゼ』です。

『フォーゼ』のキーワードは「重力」です。
カブトや電王の時と違って、時間の流れは絡めてません。

地球や月など、宇宙に浮かぶ星々には重力があって、
月の重力は地球の6分の1である事が知られてますが、
実は人間の中にもすっごく微弱な重力があり、
人間同士で引かれ合ってる事はあまり知られていません。

そもそも重力って何かっていうと、電気伝導から生まれるプラズマに起因する、
超強力な磁場の事であると考えられています。
地球も人も物も、電気を帯びた1つの磁石みたいなものなのです。
これが、ノーベル物理学者のアルベーン博士が唱えた、
現代の宇宙学を支える「プラズマ宇宙論」という考え方です。
 
ピーンと引っ張った布の真ん中にボールを落とすと、
ボールを中心に布がズドーンとたわみますよね?
この時のボールが重力で、布が磁場に当てはまります。

『フォーゼ』では、アメリカンスクールのヒエラルキーを採用し、
階層に定する人間関係が強調されて描かれていますが、
人間関係が重力で、階層が磁場を表してると考えて下さい。
スイッチを押すと磁場が変わり、重力がこじれ、
階層がめちゃくちゃになるという設定になってます。
だけど宇宙に行くと人間を縛り付ける重力が無くなるから、
こじれた人間関係が平滑なものになるって話ですね。

フォーゼが変身した後、宇宙キタ━━━!!って言うのは、
異常な重力を元に戻せる宇宙の力(コズミックエナジー)が来たって意味で、
友達になった人が月面基地に通じた仮面ライダー部に入部するのも、
歪んだ磁場が元通りの真っ直ぐになったって意味でしょう。
重力と人間関係を結び付け、ここまでの広がりを生み出したのは秀逸です。

コズミックエナジーとは即ち、プラズマを操作する力の事です。
大槻教授みたいな話になってきてますが、大体は理解して頂けたと思います。


で、私がこれを書いたのは、第4話の時です。
そしてこの時、こうも書いてます。

 > これから謎の敵の目的が明らかになっていくでしょうが、
 > ゾディアーツ=黄道帯を名乗るという事は、
 > 地球の磁場に影響を及ぼしている"太陽"が絡んでいると、
 > 私の観察眼をもって予言しておきます。

フッ…私のラプラスの瞳が当たってしまいましたね。
敵の親玉である天ノ川学園理事長・鶴見辰…我望サマが、
"太陽"に例えられるシーンがあったかと思います。
要するに我望サマはプラズマをいじくり倒して遊ぶ事の出来る、
地球の重力の支配者、まさに"太陽"な訳です。

余談ですが、『電王』の時は第1話の時点でゼロノスの存在に感付きました。
何の学論に基づいているのかさえ気が付いてしまえば、
かなり早い段階でストーリーの予測が出来るのもこのシリーズの特徴です。

脳内ソースと言われない為にも、『仮面ライダーウィザード』では、
より完璧に設定とストーリーを解き明かしてみせましょう。

…天気予報並みの精度ですけどね!


―――


とまぁこのように、歴代の平成仮面ライダーシリーズは
とても難しい学論を、子供にも分かるレベルにまで落とし込んでいるのです。
ここで挙げたのはほんの一例に過ぎません。

きちんとした背景を持っているのは『フォーゼ』だけではありません。
同じスーパーヒーロータイム枠の『特命戦隊ゴーバスターズ』もそうです。
この作品は現在の日本を揺るがすエネルギー問題をテーマとして扱っていますが、
作中で描かれる「13年前の事件」とは、西暦で言えば1999年の事であり、
この年に起きた、我が国で初めて死者が出た臨界事故、
東海村のJCOの原発事故を暗示していると見られるのです。


私はこういう裏があるのを知ってるので、日曜の朝に早起きする大人を、
「子供っぽい」とは思う事が到底出来ません。
逆に、こういう裏がある事を知らずに「子供っぽい」と軽視する人を、
私は良い大人としては信頼しません。

もし時間がおありなら、気になるシリーズを頭から再観して、
どんな学術的テーマを扱っているのか、確認してみるのも良いかも知れません。


 追記:
 この記事を書いた翌日に、『ウィザード』の公式発表がありました。
 発表から得られた情報を統合し、当道場では6月27日時点で、
 テーマはカルディア占星術、バックボーンはケプラーの法則と予測
 答え合わせとさらなる予測は、9月2日に行います。
 



ご清覧ありがとうございました。

共有(シェア)ボタン
各種RSSはこちら↓

Twitter
アクセス数 (UU/Week)

    ブログヒストリー
    ・2012年4月
     LivedoorBlog開設
    ・2012年11月
     漫画感想カテゴリで初の1位
    ・2013年1月
     総訪問者10万人達成
    ・2013年8月
     火垂るの墓の考察記事が検索1位に

    道場主へのコンタクト
    QRコード
    QRコード


    • ライブドアブログ