漫画道場

漫画道場 漫画やアニメを学術的観点から考察・レビューします。



引っ越しました。
新ブログ「記号論研究所」を宜しくお願い致します。
URL→ http://semiotics.blog.jp/

概論

【少女漫画論】(2) 少女漫画の衰退


りぼん

↑『りぼん』の部数低下の推移。有望な新人は多く居たはずだった。
 引用:Love Dream Smile様より


少女漫画は元来、思春期の少女が持つ精神の愛を謳ってきた。

ところが、 実際の恋愛市場において精神性が二の次に置かれた事で、
若年層の間で性経験率の上昇傾向が見られるようになり、
女性は早いうちからファッション雑誌を手に取るようになった。

女性による主導権の掌握は、男性の理想のヒロイン像を打ち砕いたばかりか、
旧来の価値観に縛られたコンテンツも古くさいものに変えてしまい、
少女漫画の精神性は女性のニーズを満たさなくなったのである。
2000年代に入ると、作風も実利優先へとシフトしていき、 
いよいよ精神の愛が一気に廃れていく事となった。 


少女漫画界の絶対王者は、集英社発行の『りぼん』であった。 
ところが2002年、発行部数で小学館の『ちゃお』に抜かれてしまう。 
そして2006年には講談社の『なかよし』にも抜かれ、 
2011年に2位に返り咲くまで、業界最下位の辛酸を舐め続けた。 

『りぼん』は70年代~80年代後半にヒットした 
"おとめちっく"と呼ばれる作風を90年代後半まで引きずり、 
水戸黄門のような偉大なるマンネリ状態にあった。 
70~80年代と言えば、第二波フェミニズム運動の真っ直中である。 
『ときめきトゥナイト』『ポニーテール白書』『星の瞳のシルエット』と、 
かつて隆盛を誇った時代の伝統的なコンテクストを、 
『グッドモーニング・コール』『ベイビィ★LOVE』など、 
現代風の絵柄が描ける作家がそのまま継承したが、 
もはやそれは星飛雄馬が流す涙と同じ、古めかしいものだった。 
その点、『ちゃお』は何もかもが新しかった。 

一部の少年誌でも部数低下の傾向は顕著に見られるが、
例えば『少年サンデー』の場合だと、新人育成に失敗して
連載作品の新陳代謝が図れなかった事が大きな原因となっている。
ところが少女漫画の場合、有望な新人は発掘できていても、
その新人らに旧来と同じものを描かせ、独自性を出さなかった事が、
時代の変化に対応できなかった原因として挙げられよう。
これが少女漫画の世界に起きた、バックラッシュの顛末である。


――― 


『りぼん』の現在の発行部数は、250万乙女に支えられた 
黄金期の10分の1以下となる21万部まで落ち込み、
これは同社がティーン向けに発行しているファッション雑誌、 
『SEVENTEEN』の発行部数である35万部をも下回っている。 
児童から中高生まで幅広い守備範囲を誇っていた少女漫画が、 
ティーン層の支持を失った事実を如実に表している。

しかし、コミックの発行部数では少し事情が違う。 
王道の中の王道作品『ときめきトゥナイト』を抜いたのは、 
ティーン向け漫画雑誌『マーガレット』と『Cookie』から出た、 
『花より男子』と『NANA』の2大巨頭だ。 
両作品に共通しているのは、芯がまっすぐで容易に折れず、 
いざとなったら男性にも食ってかかる"強い女性"を描いており、 
現代の女性のニーズに合致している点である。 

こういった作風の変化は、2000年代に入ってから顕在化してきた。
流行を取り入れ、必要あれば精神性をもかなぐり捨てた。
特に矢沢あいはファッションにも精通していた事から、 
少女漫画から離れていった読者からも絶大な支持を得る事となった。 


次回は、少女漫画がいかにして精神性から実利性へと移ったのか、 
ベルサイユのばら』を見ながら、その変遷を追ってみよう。
 


ご清覧ありがとうございました。

【少女漫画論】(1) 恋愛資本主義


丘の上の王子様

↑丘の上の王子様。キャンディは彼の幻影を追う。


少女漫画というのは、世相というやつを実によく反映していて、 
名作と呼ばれる作品を年代を遡ってずっと読んでいけば、 
男女関係の変遷が見て取れて、非常に面白い。 


現代における恋愛市場は、女性優位だと言われている。 
これをはっきりと示したのが『花とみつばち』で、 
男性を"花"、女性を花から花へ移りわたる"蜜蜂"に例えている。 
女性は華麗に着飾り、しっかりとメイクをして、 
痩身と美肌に注力し、その為にお金をかけることも厭わない。 
男性が女性の気を引こうと思ったら、同じように自己投資し、 
今の女性と同じ市場に登壇しなければならない。 

これに異を唱えたのが、『電波男』の著者・オタク評論家の本田透である。 
彼は自己投資を拒み、二次元コンテンツにお金をかける事を奨め、 
「恋愛資本主義」を完全に否定、キモメンの矜持を掲げた。 

「恋愛資本主義」とは、本田透の言葉ではなく、 
ドイツ歴史学者の筆頭であるヴェルナー・ゾンバルトが、 
1913年の著書『恋愛と贅沢と資本主義』で提示したテーマだ。 
マルクス主義の流れを受け、中世の恋愛観を解説した。 

中世では、宗教観において倹約や貞操が守られてきたが、 
啓蒙主義によって宗教性が排除され、人間の自由が解放された。 
恋愛市場はこの時から奢侈へと傾き、宮廷の女性達は 
吟遊詩人が歌う精神の愛より、自らの手で勝ち取る実利の愛を選んだ。 
これが後のフェミニズム運動につながっていく。 

現代の恋愛市場でも、これと似たような現象が起きている。 
積極的に男性を消費していく女性達を"肉食女子"と呼び、 
強い女性の象徴としたが、中世の頃と1つだけ異なる点があり、 
それが、男性達が恋愛市場から次々と降壇していき、 
蔑みの意味を込めて"草食男子"と呼ばれている事である。 


では、なぜ世の男性は女性優位の市場から去っていくのか。
そこには明確な理由があるはずだ。


――― 


女性には、理想の男性像というものがある。
これがいわゆる「白馬の王子様」と呼ばれるイメージで、
昔の少女漫画を読めば必ず出てきた鉄板のキャラである。

しかし、『はいからさんが通る』の「伊集院忍」にしろ、
『キャンディ・キャンディ』の「アルバートさん」にしろ、
ヒロインを陰から支えるナイト役に徹しているケースがほとんどで、
主体性を発揮していたのはどちらかと言えば主人公の女性の方だった。

両作品が連載されていた70年代当時は、アメリカのウーマンリブを発端とする
フェミニズム運動が最盛期を迎えていた頃である。
日本でも、最初は手塚治虫や赤塚不二夫らが支えていた少女漫画が、
60年代から70年代にかけての女性作家の台頭によって、
多くの優れた作品が生み落とされ、名実ともに女性のものになっている。


少女漫画はこうした社会的な背景を持っている為、
実はそのほとんどが、「王子様」からのアプローチをただ待つ事なく、
自分から理想の男性を捕まえに積極的に動いている。
『シンデレラ』や『眠れる森の美女』のイメージが強い「王子様」だが、
少女漫画の中では、男性はずっと以前から草食だったのだ。

「王子様」に要求されていたのは、イケメンである事と、
自分のモーションに対してだけアプローチを返してくれる事。
「王子様」が自分とは違う女性を選ぶ選択肢はあり得なかった。
こういった都合の良い理想を、現実の男性とすり合わせ、
嘆息をついていたのは、今に始まった事ではない。


――― 


しかし、やはり男性側にも理想の女性像というものは存在する。
永遠の恋人『タッチ』の浅倉南をはじめ、『めぞん一刻』の音無響子、
『銀河鉄道999』のメーテルなど、女性の理想と同様、
自分を陰から支えてくれる献身的なヒロインこそが望まれた。
主体性を発揮するのは主人公の男性であり、女性は自分からのアプローチを
ただ待っていてくれさえすれば、それで良かった。
やはり、女性が自分と違う男性を選ぶ選択権は無かったのだ。
こちらもまた、何とも都合の良い理想である。

現代の女性は、この要求を満たすどころか、 
ファッション資本に包摂されてモードスタイルに傾倒し、
獲物を狩る為なら自分の貞操すら擲ち、実利を得ようとする。
 
こういった女性は、古典的なヒロイン像を思い描く男性の理想には反するだろう。 
二次元コンテンツが一定のニーズを満たしているのは、 
オタクと呼ばれる男性達の逃避場所となっているのではなく、 
実利に走る女性が精神的な満足を与えられないからに違いない。 


つまり、男性の草食化は、男性側だけに問題があるのではなく、 
男女ともに理想を求めて現実を省みなかった結果、
恋愛市場において需要と供給の不一致が生まれた為だと考えられる。 

どちらかが手綱を取れば上手くリード出来るはずなのだが、
どちらも手綱を引っ張って、結局は落馬してしまいそうな状況に陥ってるのだ。
「白馬の王子様」も、キャンディが愛したアンソニーのように、
どこかで落馬して死んでしまっているのかも知れない。


――― 


恋愛の自由化によって確かに女性は強さを確立し、 
主体性において男性より優位に立つほどまでに強くなった。 
しかし男性は、女性に必ずしも強さを求めてはいない。 
そして女性も、男性に草食化を求めている訳ではない。 
男女ともに、男性らしさ・女性らしさを求めているという事だろう。 

このように異性に対し、"らしさ"を求める事を、 
フェミニズムの反対、いわゆるバックラッシュという。 

バックラッシュの本来の意味は、がっちりと噛み合った歯車の 
間に生じる差を表し、機械的な摩擦によって増大するが、 
この場合、男女の歯車が噛み合っていない事を指している。 
お互いの理想と現実の間にズレが生じているのが現状だ。 


では、いつ頃から女性は実利を求めるようになっていったのか。 
その答えを、少女漫画の歴史の中に見る事にしよう。 
バックラッシュ現象は少女漫画の世界でも起きている。
 


ご清覧ありがとうございました。

【キャラクター論】(1) 素材の集合体


キャラクター論

↑"己が信念"を仲間に預けるルフィ。人物像や作品の主題まで伝わってくる。


漫画におけるキャラクターとは何だろうか。 

「Character」とは、創作作品で"登場人物"を指す言葉だが、 
漫画では2つのアプローチをもって「Character」を形成している。 

1つは、形而下学的な、形の有るものとして。 
「ルフィ」が"麦わら帽子"に換喩して表すことの出来る、 
外観を伝える上での形式的な特徴である。 

もう1つは、形而上学的な、形の無いものとして。 
「ルフィ」が"海賊"としての誇りを胸に掲げているような、 
内面を伝える上での表象的な特徴である。


人間性を1つの表現で表す事は困難だが、漫画はそうはいかない。 
際立った特徴を抜き出し、強調する事が必要になってくる。 

漫画で最も重要なのはキャラであると言われているが、 
ここで言うキャラとは、意味上の「Character」を指すのでなく、 
複雑に入り混じった人間性の中から簡略して抜き出された、 
単一的な"素材"を表すもので、これらを集合させる事で、 
その人物の全体、つまり「Character」が形成されるのである。 


――― 


ところが、こうした単一的なキャラ作りが行き過ぎた事で、 
成熟した作品が目立たなくなってきたのが昨今の現状としてある。 

例えば、「ライバル」が"天才"で"お金持ち"で、とか、 
「妹」が"ツインテール"で"ツンデレ"で、という風に、 
単一化された"素材"を集合させて組み上げるだけで、 
マクドナルドのハンバーガーのようにお手軽に 
読者のニーズに応えたキャラが出来てしまう訳だ。 


本来であれば、人間性は"素材"によって単一化されても、 
"素材"の1つひとつは人物全体を類型するものであるべきだろう。 

『タッチ』の「上杉達也」は、高校野球の"エース投手"だが、 
同じエースなら『ダイヤのA』の「沢村栄純」も居る。 
しかし、"エース投手"を使って物語を進行するのに、 
"バントだけはやたら上手い"というキャラの抜き出し方では、
「沢村」全体の人物像は見えてこない。
事故死した弟より速い球を投げる"双子の兄"の「達也」のように、
マウンドに向かう強い動機となる"素材"が欠かせないのである。

逆に、『NANA』の「小松奈々」や『DEATH NOTE』の「ニア」は、
人間性は類型できても、キャラの抜き出しが弱い。
全体の人物像が形而的に表されていない為、
特徴が伝わらず、読者の認識が分枝する可能性があるのだ。


つまり、人物の特徴を形而的に強調する事に配慮しながらも、
抜き出す"素材"はその人物を"象徴"するものが望ましい。 
単一化された"素材"は他者と差別化する為の記号に過ぎないが、 
その記号から人物像までをも類推させられるような 
可逆的な意味を持たせる事が、キャラを立てる事に繋がるのだ。 


キャラ  人間性
"素材"←→"象徴"


「ルフィ」は"麦わら帽子"に触れられる事を嫌がるが、
信じた仲間になら、それを預けようとする。
ここに、「ルフィ」の人間性を見る事が出来よう。


―――


キャラ作りが重要なのは、漫画に限らない。

『ふしぎの海のナディア』の主人公、「ナディア」は"肉嫌い"であるが、
これは彼女の過去や人間性に深く関わっている"素材"である。
『仮面ライダー555』の主人公、「乾巧」の"猫舌"も、
後のストーリーで怪人化する重要な伏線になっている。
『仮面ライダーカブト』の「天道総司」の"料理好き"とこの点が異なる。

最近では漫画的なキャラが芸能人などへも拡張していて、 
AKB48、オリラジ藤森、川越シェフ、尾木ママなど、 
形而下学ないし形而上学的な"素材"の集合体がウケている。 

複雑な人間性を分かりやすくアピールする為にも、
キャラ化は欠かせないのだろう。


次回は、高橋留美子『めぞん一刻』の登場人物の1人、 
四谷さんにスポットを当て、キャラ作りの秘訣に迫る。
 


ご清覧ありがとうございました。

【上級】象徴の両極性


火の鳥

↑記号化された生命の"象徴"。


作家が思い描く理想は、それを追い求める事で"象徴"となり、 
叙述や映像といった"記号"を用いて表す事で現実となる。 
ところが、理想と現実は掛け離れているもので、 
なかなか現実は理想通りに行かないのが、作家の苦悩だろう。 
それゆえに表現力を磨き、自分の理想に近付けるのだ。 


今から200年ほど前から、宗教や科学といった神話的なものが 
論理や演算によって説明され、意味付けられるようになった。 
19世紀は「理性の時代」と呼ばれ、ありとあらゆるものに 
意味を持たせていく事が、人間性を表すと考えられていた。 

ところが、どうやっても意味付けできないものがあった。 

それが、人間の感情だ。 

叙述や映像によって記号化=意味を持たせるという事は、 
固定してそこから動かなくする、断定という静的な動作である。 
だが言うまでもなく、人間の感情は動的で不断だ。 
揺り動く感情を、1つの表現で記号化する事は出来ない。 

例えば、テレビタレントの「ベッキー」を見て、 
"明るい"性格な子だと記号化する事が出来るだろうが、 
ハーフとして周りから区別されてきた"暗い"一面もあろう。 
どんなに正しく意味付けしようとしても、人によって 
受け取り方が異なるし、理解のされ方も違ってくる。 
人間性とは、19世紀の学者達でも答えを出せなかった、 
とてつもなく深淵で、複雑怪奇なものなのだ。 


ドイツの哲学者、エルンスト・カッシーラーは、 
人間を19世紀的な「理性の動物」としてでなく、 
感情と理性の間にある"象徴"を取り出す事の出来る、 
「象徴の動物」として定義した。 

二律背反する人間の感情は、"記号"で表す事が不可能だが、 
"記号"を越えた"象徴"を使えば説明出来ると考えたのだ。 
この思想は、シンボル(象徴)の哲学と呼ばれる。 

カッシーラーは"象徴"をイカロスの飛翔に例えている。 
太陽には届かないと分かっていても、翼を持って翔び立つのが、 
人間性の本質を表すものだとした。 

太陽=理想 > 蝋の翼=象徴 > 地面=現実 


欧州では19世紀末から20世紀初頭にかけて象徴主義が興り、 
文学では抽象的な叙述、絵画では抽象画が流行り始めた。 
ピカソや岡本太郎は、動的で不断な人間の感情を、"象徴"によって 
両極の意味合いを包括し、過不足なく伝えようとしたのだ。 

漫画にもやはり、抽象化作品と、具体化作品がある。 
次回は、抽象表現で理想と現実の間を描いた『20世紀少年』を、 
その次は、空想写実を具体化した『ワンピース』を解説する。
 


ご清覧ありがとうございました。

【中級】象徴と伝える技術

ゴールデンボーイ

↑言ってる事は分かるけどね…もはや漫画である必要ないよね。


漫画の表現の上で、叙述=文と、映像=絵によって 
作者と読者との間に共通認識が構築される事は、 
入門編『スラムダンク 』の回で述べた通りだ。 

この考え方は、アメリカの言語学者である、 
チャールズ・パースの提唱した記号論に基づくものである。 
記号はアイコン・インデックス・シンボルに三分され、 
これを漫画に当て嵌めると、以下のようになる。 


・アイコン「図像」 
 映像=絵。登場人物や背景画を指す。 

・インデックス「指標」 
 叙述=文。台詞やナレーションを指す。 

・シンボル「象徴」 
 作者の伝えたい事。主義主張やテーマ性を指す。 


漫画家が漫画を描く。 
それは"象徴"を伝える事と同じ意味である。 

ある漫画家は高い画力でそれを伝えたい。 
ある漫画家はストーリーの巧みさでそれを伝えたい。 
ある漫画家はキャラでそれを伝えたい。 

伝え方は違えども、伝えたいものは自分自身の存在意義だ。 


台詞の秀逸さや絵の美しさだけでは作品として成り立たない。 
叙述と映像は伝達の手段であり、目的にはなりえない。 
作者の"象徴"がまず明確化され、そしてそれが 
絵と文を用いて、いかに面白く読者に伝えられるかが、 
作者と読者との間に共通認識が生まれるかどうかを分ける。 
大事なのは3つの記号のバランスだ。 

例えば、作者の主張を登場人物にそのまま代弁させれば、 
作者の意図する"象徴"が読者に伝達される事は明らかだが、 
それで面白いかと言えば、物足りないというのが本音だ。 

絵と文章がバランス良く組み合わさって説明されていれば、 
沢山の読者と面白いという共通認識で結ばれて、 
一般的には面白い作品だと言われるようになるだろう。 
表現力が高いと読者にもより伝わりやすいし、 
それだけ多くの支持も得る事が出来る。 

だが、絵や文章の力が不足してたり難解だったりして、 
共通認識で結ばれる読者の数が少なくても、 
伝えたいものが一貫していたり、ユニークだったりすれば、 
それをキャッチ出来る読者から支持を得る事が出来る。 
やはりそれも、面白い作品であるのだ。 


漫画には、作者の"象徴"が読者に伝わりにくい作品がある。 
作者の表現したい事に技術が届かないケースが大半だが、 
中には、作者の表現が読者の理解を追い越してるものもある。 

次回は、『3月のライオン』が読者に伝わりやすい理由を、 
その次は、『HUNTER×HUNTER』が伝わりにくくなった理由を、 
2回に分けて解説していこうと思う。 
 


ご清覧ありがとうございました。

共有(シェア)ボタン
各種RSSはこちら↓

Twitter
アクセス数 (UU/Week)

    QRコード
    QRコード


    • ライブドアブログ