ゴールデンボーイ

↑言ってる事は分かるけどね…もはや漫画である必要ないよね。


漫画の表現の上で、叙述=文と、映像=絵によって 
作者と読者との間に共通認識が構築される事は、 
入門編『スラムダンク 』の回で述べた通りだ。 

この考え方は、アメリカの言語学者である、 
チャールズ・パースの提唱した記号論に基づくものである。 
記号はアイコン・インデックス・シンボルに三分され、 
これを漫画に当て嵌めると、以下のようになる。 


・アイコン「図像」 
 映像=絵。登場人物や背景画を指す。 

・インデックス「指標」 
 叙述=文。台詞やナレーションを指す。 

・シンボル「象徴」 
 作者の伝えたい事。主義主張やテーマ性を指す。 


漫画家が漫画を描く。 
それは"象徴"を伝える事と同じ意味である。 

ある漫画家は高い画力でそれを伝えたい。 
ある漫画家はストーリーの巧みさでそれを伝えたい。 
ある漫画家はキャラでそれを伝えたい。 

伝え方は違えども、伝えたいものは自分自身の存在意義だ。 


台詞の秀逸さや絵の美しさだけでは作品として成り立たない。 
叙述と映像は伝達の手段であり、目的にはなりえない。 
作者の"象徴"がまず明確化され、そしてそれが 
絵と文を用いて、いかに面白く読者に伝えられるかが、 
作者と読者との間に共通認識が生まれるかどうかを分ける。 
大事なのは3つの記号のバランスだ。 

例えば、作者の主張を登場人物にそのまま代弁させれば、 
作者の意図する"象徴"が読者に伝達される事は明らかだが、 
それで面白いかと言えば、物足りないというのが本音だ。 

絵と文章がバランス良く組み合わさって説明されていれば、 
沢山の読者と面白いという共通認識で結ばれて、 
一般的には面白い作品だと言われるようになるだろう。 
表現力が高いと読者にもより伝わりやすいし、 
それだけ多くの支持も得る事が出来る。 

だが、絵や文章の力が不足してたり難解だったりして、 
共通認識で結ばれる読者の数が少なくても、 
伝えたいものが一貫していたり、ユニークだったりすれば、 
それをキャッチ出来る読者から支持を得る事が出来る。 
やはりそれも、面白い作品であるのだ。 


漫画には、作者の"象徴"が読者に伝わりにくい作品がある。 
作者の表現したい事に技術が届かないケースが大半だが、 
中には、作者の表現が読者の理解を追い越してるものもある。 

次回は、『3月のライオン』が読者に伝わりやすい理由を、 
その次は、『HUNTER×HUNTER』が伝わりにくくなった理由を、 
2回に分けて解説していこうと思う。 
 


ご清覧ありがとうございました。