hoshinotategoto5-753eb_1 ←この人が誰か、絵だけで分かる?


漫画とは何か― 

小説は叙述によって表され、映画は映像によって表される。 
漫画は、小説と映画の中間に位置付けされる媒体だ。 
叙述によっても映像によっても、両方で表す事が出来る。 

叙述は1つの事を詳細に説明する事が出来るが、 
10をいっぺんに説明する事は出来ない。 
映像は10をいっぺんに映し出す事が出来るが、 
1つの事を詳細に映す事は出来ない。 

例えば、「私」を表す時、歳はいくつか、性格はどうか、 
具体的な特徴を1つひとつ叙述する事によって、 
相手に「私」の詳細なイメージを伝える事が出来るが、 
「私」そのものは映像を見ないと分からない。 
逆に、相手に「私」そのものを見せたとしても、 
歳はいくつか、性格はどうかを知る事は出来ない。 


そこで、優れた小説家は10を伝える方法を考え、 
優れた映画監督は1を伝える方法を考えた。 

「007」は、机の向こうで鳴ってる電話に出る時、 
手を目一杯に伸ばして急いで受話器を取るのではなく、 
机の周りをゆっくり歩いて迂回して受話器を取った。 
この事で、「007」は冷静な性格であるというのを伝えている。 
小説では短い叙述で多くを伝えて無駄な説明を避け、 
映画では映像から不足している説明を付け足している。 

これが、表現力である。 


優れた漫画家も、やはり表現力を持っている。 
巧みな叙述と映像をもって、読者に伝えたい事を表現する。 

次回は、優れた漫画家の代表格である井上雄彦の 
スラムダンク』の表現力を追ってみる事にしよう。
 


ご清覧ありがとうございました。