ブログネタ
オリンピックで期待している競技・選手は? に参加中!
こんにちわ、道場主です。

ロンドンオリンピックが開幕となりましたね。
道場主は今年の頭から、もう、たまらんほどにそわそわしてます。

なんてったって今回は、長崎県出身の注目選手が多い!
長崎県民として、これを見逃す訳にはいきません。


そこで当道場では、8月まで五輪をテーマにした漫画を扱います。
でもまず最初に、長崎県出身の選手を紹介していきましょう。


―――


引用:県民だより ながさきライフ vol.27 2012年7月号
http://www.pref.nagasaki.jp/koho/plaza/tsushin/


※肖像権とかあると思いますので、問題あったらご連絡下さいませ。


内村航平


まずは何と言ってもこの方、体操の内村航平選手です。

長崎県では現在、2014年がんばらんば国体に向けて、
諫早市にある総合運動公園陸上競技場を改修してるんですが、
その競技場の道路を挟んだ向かい側、小高い丘の中腹に、
内村選手のご両親が運営される「スポーツクラブ内村」があります。

内村選手は高校進学と同時にご両親の反対を押し切って上京されてます。
しかし、技の安定性と競技を楽しむ心は、このスポーツクラブが原点なのでしょう。
子供の頃からご実家のトランポリンが大好きだったそうですよ。
体操でトランポリン?と思われるかも知れませんが、
内村選手は実際にトランポリンを使って空中感覚と着地を磨かれたそうです。

楽しい体操。『ガンバ!Fly high』の藤巻駿のような、
漫画の主人公そのものじゃありませんか。金メダルの最有力選手です。


―――


藤原新

この方も外せません、マラソンの藤原新選手。

藤原選手の母校は、これまた諫早市にある諫早高校(諫高)です。
市内では有数の進学校として有名な所なんですが、
諫高陸上部は女子の2001年・04年の2度の全国優勝をはじめ、
男子も藤原選手を輩出したりと、輝かしい実績を誇ってます。

諫高がどうして強いのか?それは、監督である松元利弘先生の、
選手の自主性を伸ばそうとされる指導方法にあると思います。


諫早高校陸上部の秘密 ~増田明美's Homepage
http://www.akemi-masuda.jp/es/es0103.html


諫高の生徒さんは、とても真面目です。
真面目な生徒が長崎県に集まると言う方が正確?

藤原選手はスタミナを鍛えるのではなく、スピードを鍛える、
独自の練習方法でロンドン五輪に挑もうとしていらっしゃいます。
それも、諫高で培われた自主性を重んじる指導の賜物ではないでしょうか。


―――


森岡紘一朗

諫高陸上部出身のもう1人は、競歩の森岡紘一朗選手。

長崎県には、国見高校の小嶺忠敏監督、清峰高校の吉田洸二監督など、
県外にも名を知られた優秀な指導者は多くいらっしゃいますが、
どの方にも共通して言えるのは、向上心を持って集まった優秀な生徒を、
我が子のように愛情を持って育成している事でしょう。

藤原選手や森岡選手も、ロンドン五輪の1ヶ月前に、
母校の松元監督を訪ねていらっしゃいます。

森岡選手は高校2年の時に競歩に転向され、翌年2003年の
長崎ゆめ総体・5000m競歩でトップでゴールしますが、
歩型違反により無念の失格に終わる結果に。

この時の悔しさを糧にして、これまで練習を積んできたと、
地元テレビ局のインタビューには応えられていらっしゃいます。
森岡選手の原点も、やはり長崎にあるのです。


―――


早川漣

続いて、アーチェリーの早川漣選手。

身長179cmと、スーパーモデルのような体格です。
お姉さんは北京五輪にも出場された早川浪選手で、
ロンドンでは姉妹で出場を目指されていらっしゃったそうです。
お姉さんは惜しくも代表入りを逃しましたが、
妹・漣選手は並々ならぬ思いを背負って、ロンドンの舞台に立ちます。

佐世保商業アーチェリー部は、全国優勝もしたほどの強さ。
今年7月に行われた世界学生選手権大会にも、
前年の高総体覇者である永峰沙織選手が出場されています。
この方も絶対、4年後のオリンピックに出てきそうだわ。

韓国生まれだからって馬鹿にする人は、豆腐の角にでも頭をぶつけて下さい。
JOCが選出した選手への意味の無い批判は、ひいては日本を馬鹿にする行為です。


―――


原田龍之介

選手紹介の最後は、セーリングの原田龍之介選手。

原田選手も、2003年の長崎ゆめ総体に出場された方です。
当時は海星高校のキャプテンとして、選手宣誓もされています。
海星高校と言えば野球部が有名な男子校ですが、
海の名前にふさわしく、ヨット競技でも実績を残した学校です。

お隣り佐賀県唐津市の吉田雄悟選手とペアを組んで、
今年のセーリング470級世界選手権の決勝シリーズに進出。
大変な実力をお持ちの方なのですが、五輪とは縁遠く、
これまで後一歩の所で悔し涙を飲んでこられました。

しかし今回は、松永・今村組との壮絶な国内代表権争いを制し、
見事、五輪出場となりました。素晴らしい!


―――


長崎県出身選手は、他にもまだまだ居ますよ。
サッカーU-23日本代表は、キャプテンの山村和也選手を筆頭に、
オーバーエイジ枠の吉田麻也徳永悠平の両選手も共に長崎県出身。
山村選手と徳永選手は、あの国見高校の卒業生です。

フッ…やはり五輪で勝つには長崎県の力が必要だという事だな…?


今回のロンドン五輪ではなぜ、長崎県出身者が多いのでしょうか。
ポイントがまさに県の競技選手の育成方針にあるのです。
例えばどうして国体をやるだけで競技場を改修するお金が出るのか、
こういった所が、他県の状況と異なるんですね。

長崎県は、九州地方の外れ(人の形に例えれば手の位置)にある為、
地理的環境は決して恵まれている訳ではありません。
スポーツ施設を探すなら都会に居た方がアクセス面で絶対に有利です。
しかし、長崎では1人ひとりに当てる育成費の金額が違います。
国体を見据えた政策だけでも、ジュニアスポーツで功績を挙げてきた
35競技100校を国体拠点校として、18競技延べ33校を強化校として指定し、
拠点校に80~210万円、強化校に20万~65万円の強化費を助成してます。

長崎県の競技力向上対策事業の総額は、5億8600万円です。
この金額は、九州最大の都市・福岡県より上です。
人口140万人の県が、500万人の県よりお金をかけているんですぜ!

周囲の県が財団法人の助成に頼る一方、長崎県は2003年のゆめ総体の頃から、
県や市が主導となって、ジュニア選手の育成に力を注いでいます。
緊縮財政が続く中で、スポーツ振興だけは10年間手を抜きませんでした。
その結果が、ロンドン五輪に出場する県民選手の数、という訳です。


どだいどだーい?えっへん!

私がやったんじゃないのに、妙に誇らしい気分になるのはなぜでしょうか。
これも五輪マジックなんでしょうかね。


昨日はなでしこジャパンが見事にカナダを2-1で降しました。
今日はサッカー男子五輪代表の試合があります。
さぁ、いよいよ長崎県民の出番ですよ。皆で長崎県を応援しましょう。

頑張れニッポン!頑張れ長崎県!
 


ご清覧ありがとうございました。