img1


前回:覚者の剣(4)  最初から:覚者の剣(1)


覚者神剣の伝承者・アドナイの下で働く派遣社員のリン。
サポートポーンとして2人の前に現れたバットを仲間(奴隷)に従え、
ついに領都グラン・ソレンに辿り着いた。


 中 世 紀 救 世 主 伝 説

 覚者の剣 第5話「俺の名を言ってみろ」



―――


バットとリン



あぁ…チョー重いし…くそっ!

おいバット、これ持てよ。


> バット
 おいぃ…こんな重たい石版、何枚も持てねーよ!


あ?バットのくせに口答えしやがって。
私は箸より重いもんは持てない体質なんだよ!


> アドナイ
 どうした?リンたん。


あ、覚者サマ~ん。
バットさんが全部持ってくれるって言ってくれて~。
いや~ん、リン子感激~。


> アドナイ
 フッ、男たるもの、そうでなくてはいかん。
 早くその石板を運び出そう。

> バット
 くっそ、あいつ覚えてろよ…!


(ふふ…こりゃぁ便利な下僕が手に入ったものだわ。)


時は遡ること6日前―


> マクシミリアン
 あなたが覚者殿ですね?
 先ほど兵より報告を受け、お待ちしておりました。


領都グラン・ソレンに着いた私達は、ポーンシステム社の使者と
連絡を取り合いながら、領王サマへの謁見を申し込んだ。



> マクシミリアン
 私の名は、マクシミリアン=アイゼンシュタット。
 領王様より、竜征任務の指揮を任されております。
 貴殿に、まず竜征の任務についてご説明しましょう。


それから数日後、お城からやってきた兵士より、
領王サマからの竜征任務の証を拝領した。



> マクシミリアン
 貴殿にお渡しした竜征の許可証…それは領王様直々に下命された、
 ごく重要な任務に従事する事を許可するものです。


何やら謁見の前に仕事をいくつかこなして欲しいとの事らしい。


> マクシミリアン
 現在、我々が取り組んでいるのは、
 主にドラゴンに関する情報収集や防衛対策事案。
 全ては国と民衆の安息の為に擁立された、特別な任務です。


「竜征」とか名の付く任務の割に内容はしょぼい。
征伐はしなくていいって事なんだろうか。


> マクシミリアン
 "覚者"となる人物が現れた際には、我々は可能な限り
 協力を惜しまぬよう命じられております。
 貴殿の活躍には、皆の期待がかかっておりますよ。
 ぜひ、ご協力を。


という訳で、私と覚者サマと忠犬1匹は、領王サマに謁見すべく、
許可書を携えてせっせと使いっぱしりをやっている。
で、今はドラゴンのルーツを調査する為、
竜者神剣に纏わる遺跡から石碑を運んでる最中だ。

…あのメルセデスとかいう女性将兵さんの話だと、
ハイドラの首を運んだら会わせてくれるはずだったんだけど?

あれか、嘘ついたのか。汚いなヤナセさすが汚い。
やっぱ車は国内産に限るわぁ。

…ってこんな話じゃない。

とにかく、与えられた任務をこなすのみよ!


> アドナイ
 よし、これで完了だ。領都に戻るとしよう。

> バット
 (;´Д`)ゼェゼェ…。


そこからさらに半日が過ぎ―


> バット
 はぁ…領都に戻ってこれた。
 ようやくベッドにありつけるぜぇ…。


じゃぁ私は宿の手配をしてきます。


> バット
 ああ、俺もついていくよ。
 1秒でも早く休ませてくれ…。


へたれめ…、はいはい分かりましたよ。

じゃあ覚者サマ、バットさんを永遠の眠りに就かせたら、
お声をお掛けしますので、しばらくお待ち下さいね。


> アドナイ
 ああ、宜しく頼む。

> バット
 え?…え?


―――


よし、宿の手配も済ませたし、用済みの下僕は眠らせたし、
覚者サマの所に戻りますかね…。


…んん?

誰だあれ…覚者サマが誰かと話してる…?


シスの暗黒卿

> 黒衣の男
 "覚者"殿とお見受けします…。

> アドナイ
 いかにもそうだが…?


> 黒衣の男
 ポーンなどという、曖昧なるものを率いて、
 竜の者を倒しに行かれるとか?

> アドナイ
 …そうだ。

> 黒衣の男
 そう、だが…それは"覚者"となった者を誘う、竜の業。
 己の意志がどうあれ、引き寄せられる。


うぅ…ぼそぼそ話しててよく聞き取れない…。
何て言ってるんだ?


> 黒衣の男
 これまでも、多くがそうやって…
 こちらの世界の理に、乗り込んできたのです。

 …身の程も知らずにね。


> アドナイ
 …貴様、何が言いたい。


> 黒衣の男
 竜者神拳は、世界に繰り返し現れ、
 覚者神拳もまた、その度に生まれる…。
 だが、ほとんどの覚者は、神にまみえる事すらかなわず、
 その身を滅する事となる…愚かな末路です。


あの声、どっかで聞いた覚えがあるんだけど…。
小さくてはっきり分からないな…。


> 黒衣の男
 弱く、脆いのですよ。人は…この世界はね。
 領都では兵を募っておるようですが、いかにそれが無益な事か…。
 じきにお分かりになるでしょう。


> アドナイ
 ぬうぅ…。


あら…去っていった。
まぁいいや。

覚者サマー、宿のご用意が出来ましたよー。


> アドナイ
 …あぁ、有り難う。


さっきのは誰だったんですか?


> アドナイ
 分からぬ…ドラゴンの事を知っていそうだったが。


> あれは"救済"の首魁ですよ…。


むむ…また怪しい輩が!


ミスターポポ

> メイソン
 こりゃあ幸運ですな、覚者様に出会えるとは。
 あっしはメイソンという者、以後お見知り置きを…へへ。


ちょ…チョー怪しい…。


> メイソン
 "救済"ってのは、傍若無人なドラゴンのやつに盲信してる、
 竜者神剣を真理とした怪しい団体の事でしてね。


お前も充分に怪しいよ。


かく言うあっしも、"救済"とは訳ありでして、
さっきの男の事をちょいと調べてたんですが…、
どうも、このツラが怪しげなのか、
皆、あまり喋ってくれなくてね、えへへへ…。


だろうな。


> メイソン
 時に、あんたも連中を探ってるんなら、実に好都合じゃないですか。
 あっしに代わって、調べてみちゃもらえませんかね…?

> アドナイ
 俺もドラゴンについての情報を探している。
 断る理由もあるまい…いいだろう。


ええっ、信じちゃうんですか!?


> アドナイ
 大丈夫だ、何かあっても遅れを取る事はない。


> メイソン
 ありがたい、じゃあ、これを持っていって下さい。
 "救済"のやつらが合言葉代わりに使ってる符丁ですよ。
 これがあれば、覚者さんも"救済"の集会所に潜り込めしょうや。

> アドナイ
 集会はどこでやるんだ?

> メイソン
 明日の夜、領都の北にある地下墓地でやるらしいですぜ。
 あっしも準備を整えてから集会所に潜入するんで、
 向こうで落ち合いましょう…。


行っちゃった…。


> アドナイ
 うむ…俺達も身体を休めたら、向かうとしよう。
 これでまたドラゴンに近づく事が出来る。


なんかどんどん深みにハマってる気がするわぁ…。


―――


> バット
 おいおい、本当にこんな所で集会なんかあんのかよ…。
 罠じゃねぇのか…?


うるさいなー、黙ってついて来いよ。
へたれのくせに墓地とか来るからいけないんだよ。


> バット
 うわーーーーっ、お化けだーーー!!
 出たーーー!!!


 なんまいだぶ、なんまいだぶ…。


(こっちの世界でお経って利くのかしら…?)


> バット
 しっかし、その黒衣の男って誰だったんだ?
 リンは声を知ってたんだろ?


うん、知ってるってゆーかね…。
すっごい聞き覚えのある声だったんだけど、
遠くてよく聞こえなかったんだよね…。


> バット
 まぁ現場に行きゃ分かるんじゃないか?
 そいつが"救済"の親玉ってんなら、必ず居るだろ。


うん、確かにそうだわ。
でもバットごときに指摘されるのは嫌だ。


> アドナイ
 シッ…静かに。
 どうやら近いようだぞ。


あ、誰かが話してる…。 


> この物質世界では、不本意ながら、
 魂はそのような不完全なありようでしか存在できない。
 あらゆる困窮、不幸、苦痛は、物質世界での
 魂の不完全さが生み出す根源的かつ不可避なもの。



> バット
 …演説みたいだな。


> では救いとは何か?

 それは快楽ではない。
 なぜならば、快楽もまた、魂の不整合性から
 生み出されるいびつな機能快にすぎず、
 苦痛の対として与えられる一時的な錯覚でしかないからだ。



これは…昨日聞いた声だ!


> 永遠に快楽だけを得られる魂、という存在は、
 この世界ではありえない。
 世界は、そのありようを正しくしようともがき、
 それ自体が歪みに苦しんでいる。


 あえて言おう、カスであると!


> バット
 ……(゚Д゚||)


(||゚Д゚)……


> アドナイ
 どうしたんだ、2人とも?
 顔色が悪いぞ。


> バット
 ままま…まさか。

 お、おい、リン…?


えええ…嘘でしょ…?

い、いやいや、あり得ないわよ。


> 正しく平常な世界とは、全ての魂が、
 ひとつの安定した状態に収まり、
 完全かつ普遍の存在へと昇華する事だ。

 不整合な魂を捨て切れぬ軟弱の集団が、
 この世界を生き抜く事は出来ないと私は断言するッ!


> バット
 …間違いないな。


…間違いないわね。


> 人類は神に選ばれた優良種たる我が社に管理運営されて、
 初めて永久に生き延びることが出来る。
 これ以上戦い続けては、人類そのものの危機である!
 物質世界の無能なる者どもに思い知らせてやらねばならん!
 今こそ人類は明日の未来に向かって立たねばなぬ時であるとッ!


 お前には分かるだろう、リンよ…!?


ドゴォーン!


> バット
 うわあっ!!


しまった、気付かれた!


ギレン


> ギレン
 ふふふ…リン、バット主任、そして覚者殿よ。
 よく来た。私は諸君らを歓迎しよう。


ギレン部長…!!


> バット
 へっへっへ…よく見たら周りも知った顔ばかりじゃねぇか。
 ここに居るやつらは全員、ウチの社員って訳だな。

> アドナイ
 リンたん、もしやあの男はポーンの民の…?


そうです…。
私とバットさんの、上司です!


> バット
 部長さんよ、なぜあんたがここに居る…?
 そしてここで何をしていた…!? 


> ギレン
 …諸君らは「エリート」という言葉の意味を知っているかね。


> アドナイ
 質問に質問で返すな。学校で教わらなかったのか?


> ギレン
 これは失礼…、軟弱な者に返す答えを、
 あいにく私は持っていなくてね。

> アドナイ
 貴様…!


> ギレン
 「エリート」とは、選ばれた魂の事だよ。
 神に救われ、楽園に住まう事を許された死者の魂だ。
 我が社の社員は、楽園の住人たる資格がある。


> バット
 楽園…だって?真顔で冗談抜かすなよ。
 俺らはあんたの道具じゃねぇ。
 ドラゴンに魂を預ける事が救いだって言いてぇのか!?


> ギレン
 ふふ…物分かりが良いな。その通り。
 だが次に私の主の名を呼ぶ時は、「様」を付けたまえ。


> バット
 な…じゃあ、ドラゴンのやつが、部長の…?


> ギレン
 主任、君は本当に賢明だ…その通りだよ。
 ドラゴン様は私のクライアントだ!
 我々を楽園へいざなう救いの主であられるのだ!


(ll゚д゚(ll゚д゚ll)゚д゚ll)━!


> ギレン
 私は言うなれば楽園への案内人…。
 人は私をこう呼ぶ…!

 "救済"の楽園(エリシオン)、と!



なんだってー



> エリシオン
 覚者殿よ…!これが答えです!

 全てを混沌に!全てに死を!
 フハハハハハハーーーッ!



バイオハザード

> ポーンシステム社員
 ぐるるる…ぐるあぁぁぁーーーっ!!


ひいぃぃ!社員さん達がおかしくなっていくー!


> アドナイ
 こ…これは、あの時の…!
 ドラゴンが俺のハートをイチコロにした時と同じ力…!

> バット
 どSの技が成す暗黒面(ダークサイド)には、
 人の弱い意志に付け込み、心を操る力がある…。

 なぜ…部長が…、暗黒面の力を!


> エリシオン
 フハハハ…、我が社の社員に個々の意志など必要ない!
 たった1つの神の意志さえあれば、楽園に辿り着けるのだからな!

 諸君らの健闘を祈る!ハーッハッハッハーッ!!


ちくしょう、どうしよう!
部長にコントロールされてる社員さんを、むやみに殴ったら…

…査定に響いちゃう!


> バット
 おいぃ!?
 そこは問題じゃねぇだろ!


> アドナイ
 ここは俺に任せろ…。

 ほおぉぉぉ…

 覚者!連環組手!!


ドサドサドサッ…


ええっ…社員さん達が倒れていく…。
やっつけちゃったんですか!


> アドナイ
 相手の性感帯を突かず、ソフトタッチだけで撃退した…。
 安心しろ、逝く前に寸止めしてある…。


…それはそれでキツそうね。


> いやいや、お見事でした。
 さすがは覚者さん…ってところですかね。
 さて、ちょいとこちらへ来て下さいや。



む…この声は。
領都で会ったあの怪しい男か。


―――


> メイソン
 エリシオンは逃がしましたが…幹部の一人はおさえやしたよ。
 まずまずの収穫、ですかね。

 色々と、聞き出す事も出来ました。


> バット
 マルセロ係長…、あんたまで…。


ダースモール

> マルセロ
 ふふ、俺にとっちゃ、ちょっとした遊びだよ、こんなものは。
 最初から、破壊だの救済だの信じてた訳じゃない…本当だ!


> メイソン
 とは言え、このまま逃がすと、面倒な事になりそうですねえ…。
 あっしが覚者と通じてるのもバレてしまう。

> マルセロ
 待ってくれ、話が違う…!

> メイソン
 ま、お任せします。

 あっしはお先に失礼しますよ…。


> アドナイ
 ……。

> バット
 聞かせてくれよ…係長。
 あんた、何だってこんな事に加担したんだ…?


> マルセロ
 エリシオン師はおっしゃった…。
 覚者とは、流れに逆らう不遜であると。

 だが…私は思うのだ…。
 その方とて、話が通じぬ訳ではないと。そうとも、なあ覚者よ。
 その手に血を染め、流れに逆らい、何の得があろう。


> アドナイ
 …俺の意志を図ろうというのか。

> バット
 ここは覚者様の覚悟次第さ。俺らはあんたの決断に従うよ。


> マルセロ
 滅びはもはや必定。
 ドラゴンの裁きを、静かに待とうではないか、な?


やっちゃいましょうよ、覚者様!
こんなやつ、ケツの穴から手ぇ突っ込んで、
奥歯をガタガタ言わせてやりましょう!

へっへっへ…どんなイイ声で鳴くのか、楽しみだわ!


バリバリバリーッ!


ぎゃーすっ!
指輪が痛い痛いーーっ!



> バット
 へっ、ざまぁみろってんだ。
 社員が自分の意志を表に出すなって言われたろ?
 お前は調子に乗りすぎなんだよ。


(…死ねやっ。)

ゴスッ!


> バット
 ほぐっ…!てめぇ…。


覚者サマが真剣に考えてらっしゃるんですから、
静かに待ちましょう、ね。

(帰ったらお前の減らず口を静かにしてやるからな。)


> アドナイ
 俺の意志を問う前に、貴様の意志を見せてみろ…。


> マルセロ
 ま…待て!そ、そうだ!
 滅びの…その救いの時まで、享楽のうちに過ごそうというなら、
 金は出しても良いぞ、な?


> アドナイ
 ……。


あっ…、やばい。
覚者サマの目がいつになくマジだ…。


> マルセロ
 さぁお願いだ覚者よ。
 私を見逃せば、後から必ず褒美は届けよう。
 利口になるのだ、覚者よ。
 私を、このまま見逃してくれ、な?


> アドナイ
 …それが貴様の意志か。


ケンシロウ


こ…怖い…。
初めて見た、あんな冷たい目。

さっきみたいにソフトタッチじゃないの…?

嘘っ…止めてっ…!私のワガママだって、
どんな事でも広い心で受け止めてくれてたじゃない…。

お願いっ…!


> アドナイ
 覚者!龍撃虎…!


> マルセロ
 ぐ…あっ……。


―!


> バット
 ……。





> いやいやいや…凄いね、本当にヤッちゃったよ。


> アドナイ
 …。

 …まだ居たのか。


> メイソン
 さすがですねえ、いやまったく。
 これでめでたく、頼りになる仲間が出来たって訳ですな。


> アドナイ
 ……。


> メイソン
 と、いう訳で…また何かあったら連絡しますよ。
 一緒に、救済の連中を追い込んでやりましょうや…ね。

 それじゃ、これで…。


……。

…覚者サマ。


ケンシロウ

> アドナイ
 リンたん…。

 そんな悲しい顔をするな。
 リンたんにはいつも笑顔でいて欲しいと言ったはずだ。


でも…。


> アドナイ
 …。


> バット
 …おっ、おおっ?

 アドナイ様ー!
 係長のやつ、まだ息がありますぜ!



えっ!


> アドナイ
 ちょっと待ってろ…。

 …フッ…ン…!


ズキュゥーーーンッ!!


> マルセロ
 …う…っ。

 …く…はぁっ…!


えっえっ!?
何で逝ってないの?


> アドナイ
 先ほどの技は、性感帯をあえて外して撃ち、
 逝ったように見せかける為のもの。

 竜者神剣が人の意志を奪い去る剣であるなら、
 覚者神剣は人の意志を活かす剣だ…。


> マルセロ
 う…覚者…なぜ、助けた…。


> アドナイ
 さぁ、どこへなりとも行け。


> マルセロ
 ひ…ひいぃ…!


覚者サマ…。
やっぱり…この人…。


> ちょっと甘かないですかね、覚者さん…。


> バット
 …またメイソンのやつだ。


> 手心を加えても、こいつらはあんたに感謝したりしません…。
 きっと、邪魔なあんたを殺しに来ますよ。



> アドナイ
 俺は来る者を何人たりとも拒まない。
 生命を育む母なる海のように、全てを迎え入れよう。


> 色々と手伝ってもらえるかと思ってたが、見込み違いだったかな。
 足を引っ張られるのはゴメンなんで、あっしとはこれっきりという事で…。



> バット
 けっ、せいせいすらぁ。
 二度とツラ出すんじゃねぇぞ!


…。

よかったんですか…覚者サマ?
これで…本当に…?


ケンシロウとリン

> アドナイ
 後悔するはずはない…。



 第5話~完


―――


【次回予告】

 てーれってー(あの曲)

 ついに領王との謁見を果たすアドナイ。
 しかしそれは新たな動乱の引き金だった。
 高まる緊張の合間に訪れたひと時の日常に、
 小さなリンの心は打ち震える…!


 次回、覚者の剣
 第6話「ならば愛のために闘おう」


お前はもう…死んでいる!
 



ご清覧ありがとうございました。