漫画道場

漫画道場 漫画やアニメを学術的観点から考察・レビューします。



【雑記】道場主からのお知らせ


プロフィール

こんにちは、道場主です。

ここ最近、サッカーの取材に行ったり 、ドラクエやったりで忙しいです。
ドラクエで忙しいって言うのかは知らんですが。
でもまぁ6月からはサッカーの試合が夜からになるので、
本業の引きこもりに無事に戻れそうです。 よかったよかった。


更新する時間が無かった代わりに、とある考えをずっと纏めてたのですが、
それがメディア記号論から見た、漫画の限界です。

これまで当道場では様々な観点からの記事を書いてきましたが、
私自身が何の専門家かと尋ねられれば、それは記号学であると答えます。
そして最近はもっぱらエーコ記号論について研究しています。


エーコ

エーコって聞くと、かわいい女の子を思い浮かべたくなるでしょ?


エーコ

実際は、ヒゲ生やしたむさいおっさんですからね。


―――


それはさておいて…メディア記号論とは何かというと、
記号論を使ってメディアコンテンツについて言説していく学問です。
(そのまんまです、はい。 )

漫画には、あの手塚治虫大先生が提唱した「漫画記号論」なるものがあります。
が、これは先生が劇画を否定する際に議論として生んだものであり、
ウンベルト・エーコなどの記号論者が発展させた記号論とは違います。
違うどころか、現代の記号論によって否定される代物です。

メディアを介した記号情報は、1つの意味に限定した伝え方をしようとします。
エーコはそれを「閉じたテクスト」であるとして、反論しています。
世の中に溢れる情報は、本当はもっと「開かれたテクスト」であり、
受け取り方は人によって千差万別なはずなのです。


漫画もメディアコンテンツの1つであるとしたら、漫画表現(コード)の多くは
特定の意味を促す為に、誇張し、大げさに描いてますよね。
これはおそらく、脳みそが行う理解の手順において、
意味を1つに絞った方が書き手(エンコーダー)の意図が伝わり、
理解に至りやすいからそうしているのでしょう。

しかし、そうした限定的な記号情報を受容し続けた読み手(デコーダー)は、
意味が2つにも3つにも取れる宮崎アニメのような作品を観た時、
理解不能なものとして、「面白くない」と感じてしまうかも知れません。
そしてその理由は、脳みその理解の手順の中に、
読解(デコード)のプログラムが入っていないからだと私は考えます。


―――


6月から【メディア記号論】を全2回の予定で書いていきます。
脳科学で扱う脳みその電気刺激構造から、漫画を否定するものです。
誤解の無いように述べておきますが、道場主は漫画が大好きです。
漫画を客観的に理解する為に書くもので、否定するのが目的ではありません。

これまで同様、漫画記号論から発展させた内容になりますので、
あらかじめ上級編・シンボル哲学の項をお読み頂ければ、
「面白い」「面白くない」の定義がより正確に伝わるのではないかと思います。
あしからず、宜しくお願いしますね。


ではでは。
  


ご清覧ありがとうございました。

【ゲーム】ドラゴンクエスト10考察~なぜアストルティアは亀の形をしているのか

お久しぶりです、道場主です。

3ヶ月ほど更新をお休みしてました。
何をやってたのかというと、『ドラゴンクエスト10』をやってました…!
WiiUデビュー組だったんですが、昨日ようやくエンディングを迎えましたよ。

あれ?以前にこんな記事を書かなかったっけ? 

…なんて いう人は今さら居ないでしょうから、
今回は以前から疑問に思っていた事を、記事にしてみようと思います。


その疑問とは、ずばり…
なぜアストルティアは亀の形をしているのか?

恒例のスーパーネタバレタイムですので、ご注意あれ。
では、どうぞ。 


―――


 アストルティア

 ↑アストルティアの地図。


さっそくですが、まずは上の地図を見て頂きましょう。
全国500万人のドラクエファンの皆さんならご存知、
『ドラクエ10』の冒険の舞台となる世界、アストルティアです。

今作のストーリーは、アストルティアの中心部・レンダーシア大陸の小島に住む、
エテーネ村の2人の兄弟(姉妹)を主人公にした話です。

レンダーシアには人間種が住んでいて、そこにエテーネの民も含まれます。
そしてその周りにはタイトル名にもある5つの種族が暮らす大陸があり、

 左上…オーグリード大陸 (オーガ)
 左下…ウェナ諸島 (ウェディ)
 右上…エルトナ大陸 (エルフ)
 右端…ドワチャッカ大陸 (ドワーフ)
 右下…プクランド大陸 (プクリポ)

となってます。


カメさま

エテーネ村にはカメさまという守り神が居て、
普段はじっとしたまま寝てるんですが、村に何か大事が起きれば、
すっくと立ち上がってエテーネの民を守ってくれるんです。

今作の主人公は、「カメさまの申し子」と村の人達から呼ばれていて、
村人の1人であるチマ婆さん曰く、

 カメさまの申し子には 特別な使命がある
 ……なんて言う人もいるけど xxxxは
 自分の生きたいように 生きればいいんじゃよ


との事。

申し子とか言われても何だかよく分かりませんが、とにかく、
主人公は「亀」と何らかの関わりがあるのでしょう。
序盤のストーリーを進める事で、少なくとも"特別な使命"というのが、
主人公だけが使える「時渡りの術」と関係している事も分かります。


で、ここからが本題なんですが、なぜ「亀」をストーリーの主軸に据えたのか、
という疑問を、今作の謎を解く為の中心定義として捉えた場合、
なんとなーく、アストルティアが亀の姿に見えてくるんですな。


ウェナ諸島北部にある湖に囲まれた白くて丸いのが、
ウェディの女王が治めるヴェリナード城下町という所なんですが、
さて、この部分って、「目」に見えませんか?
でで、ヴェリナードの周りの山深い部分が「頭」に見える。

そこから辿って見てみると、紫の霧がかかったレンダーシアが「甲羅」に、
その他の大陸が「手足」のように見えてきますよね?

…見えてくるんだよ。


―――


では、「亀」を主軸としたストーリーの謎とはいったい何なのか。
これを紐解けば、疑問が確信に変わるかも知れません。


「カメさまの申し子」である主人公は、血を分けた兄弟(姉妹)と共に、
エテーネ村で錬金術師として暮らしていました。

ある時、カメさまのお告げを聞いたエテーネの村の長・巫女アバ様が、

 まもなく このエテーネの村は……
 大いなる災厄に見舞われ 滅びる!
 エテーネの民は ひとり残らず
 死に絶えるじゃろう!


なんていうおっかない預言をエテーネの民の前でおっぴろげます。
騒然となる村民を前に、お告げには続きがあり、
北の果ての洞窟に咲く伝説の花があれば、滅亡の運命から逃れられる、
という旨も伝えます。たかが花いっこで村を救えるってどうよ。

まぁ何かしらの霊験あらたな伝説の花とやらを取りに、
もちろん主人公とその兄弟も選ばれ、すぐに村を出立します。

ところがアバ様は、災厄から逃れられるのは、
実はたったひとりだけである事を村民には伝えてませんでした。
この事実は、一緒に伝説の花を取りに行ったアバ様の孫・
シンイの口から、主人公に告げられます。

洞窟には魔物が先回りしてて、花を焼き払ってしまいましたが、
主人公の兄弟が謎の眼力を発揮して、1つだけ残っていた花をゲット。
すぐに村に戻りますが…既に村からは火の手が上がっていました。


ネルゲル

村を襲う災厄とは、全ての命の「死」を統べる存在・冥王ネルゲルが、
エテーネの民に伝わる「時渡りの術」の血を絶やすべく、
おびただしい数の魔物を引き連れて村ごと壊滅させる事だったのです。

壊滅した村に戻った主人公達でしたが、魔物がふいに放った
巨大な炎の塊が、主人公の兄弟の背後を飲み込もうとした、

その瞬間…!

主人公の中で眠っていた「時渡りの術」が無意識のうちに発動、
周囲の時間を停止させ、危機に瀕した兄弟を
過去の世界のレンダーシア大陸に飛ばしました。


これをしっかり目撃していた冥王ネルゲル様。
死神の鎌を取り出し、月夜の空を切り裂いたかと思うと、
そこから生命を脅かす紫の霧=魔瘴を大量に噴出させます。

魔瘴はちょっと吸っただけでも苦しみ悶え、頭がおかしくなり、
必ず死に至らしめるという大変に危険なもの。
これで何とレンダーシア大陸全体をすっぽり覆ってしまいました。
上の地図にある紫の霧は、ネルゲル様の仕業ですね。

この霧が原因で、最期まで奮闘した主人公も死んでしまいます。


実はこの後、ストーリー上から見ても大変重要だと思われるシーンが、
さらっと流れるのです。道場主はここに注目しました。


―――


カメさま

 ↑問題のシーン。


村の危機を察知したカメさまは、覚醒してすっと起き上がり、
背中の甲羅に光を集め、5つの光球を射出します。

このうちの1つが、死んだ主人公の中に入り込み、魂と融合して、
オンラインモードの開始場所となる神殿に飛んでいきますが、
おそらく射出された5つの光球には、神殿内にある5つの種族像に象られた、
それぞれの種族の神様の力が宿っていると考えられます。

神様の名前は、ドルワームの書庫で確認する事が出来ます。

 炎の神ガズバラン (オーガ)
 水の神マリーヌ (ウェディ)
 風の神エルドナ (エルフ)
 地の神ワギ (ドワーフ)
 花の神ピナヘト (プクリポ)

となってます。

これら神様の力が宿った光球が、肉体を失った主人公の魂を導き、
同じ日に死んだ別の種族の体に転生させます。
この時、カメさまなのか種族の神なのか分かりませんが、
主人公は天の声からこう告げられます。

 さあ お行きなさい。
 母なる大地 アストルティアへ。

 そして探すのです。 
 あなたの使命を。
 生まれ変わることの意味を……。


今作の主人公は、カメさまの申し子である自分の使命、
そして転生するに至った意味を探す旅に出るのです。


さて話が前後しますが、光の力が主人公に宿った事がなぜ重要なのか?
重要なのは、光球そのものではありません。
5つの種族の神様の力を宿した光が、なぜカメさまから、
しかも背中の甲羅から上方に射出されたのか
にあります。

RPGによくある光の力とかを持ってる人なら、
普通は手か、もしくは目などから、前方に射出しますよね。
いや人じゃなくてカメだからなのかもしれんですが、
そもそもエテーネの民の守り神であるはずのカメさまが、
なぜ別の大陸の5つの種族の力を持ってたのかがまず気になります。


石碑1

実はこのシーンの謎を解く手がかりが、エテーネ村のすぐ近くの
育みの大地にある石碑文に残されています。以下はその前段です。

 神より与えられた この広い世界で
 我らは 姿の異なる仲間たちと チカラを合わせ
 支え合い  共に暮らしてゆくと誓った。

 その誓いが 永遠であるよう願いを込めて
 世界の中心である この場所に
 愛すべき仲間たちの姿を残す。 


ここから読み取れるのは、エテーネの島がアストルティアの中心にある事。
エテーネの島は外界から遮断されていたと、転生が行われた神殿で、
天の声が教えてくれるのですが、どうやらかつてはエテーネにも
人間以外の別の種族も行き交っていた事が分かりますね。
そして種族共生の誓いを立て、永遠に守られる願いをかけたともあります。


種族共生のストーリーイベントは、ここからずっと後、
別の種族の姿を借りて成長した主人公が、時渡りの術を使って、
500年前の過去の世界を死の恐怖に陥れた、
偽りの太陽・レイダメテスを破壊する時に発生します。


石碑2

そしてエテーネの島にはもう1つ、伝説の花を取りに行った洞窟に、
過去の歴史が記された石碑が残されています。

 この世界で 平和に 暮らしていた
 すべての 生きとし生ける者は
 滅亡の危機に さらされた。

 今 空には ふたつの太陽が 昇っている。
 ふたつめの太陽…… それが現れてから
 この世は 地獄と化してしまったのだ。

 いまわしき ふたつめの太陽は 自在に空を駆け
 大地を焼き 海を干上がらせ
 人々を 灼熱の絶望に おとしいれた。

 太陽が ふたつになった理由など 知る由もない。
 わかっていることは 地上に 生きる者すべてが
 滅亡しようとしているということだけだ。


「ふたつめの太陽」とは、レイダメテスの事です。
レイダメテスは冥王を生み出す為の卵。死者の魂を糧としていて、
岩をも溶かすほどの灼熱地獄で地上の人々を死に追いやり、
その魂を吸収して暗黒の力を蓄えていた事は、
レイダメテスの守護者・ラズバーンが語っていた通りです。

このレイダメテスを破壊する時、飲み水をめぐって対立していた
それぞれの種族はお互いに手を取り合い、協力します。
おそらくエテーネ村の近くの石碑は、破壊を終え安息を取り戻した後に、
それぞれの種族が集まって造られたと推測されます。


では、なぜ永遠の誓いを立てた場所が、エテーネ島だったのでしょうか。
そしてなぜこれがカメさまと関わりがあるのでしょうか。

察しの良い方はもうお分かりでしょうね。
亀は不老長寿の象徴であり、永遠に続く事を意味します。
そして亀の甲羅は、神話上では世界を支えているという伝説が実際にあるほど、
硬くて丈夫なものとして、多くの人に信じられています。

つまり、固く誓った約束事をさらに固いものにする為に、
亀の守り神に守られたエテーネの地で誓い合ったという訳です。
しかも脆い手足に表される世界の端っこの方ではなく、
硬い甲羅のある中心部分、世界の中心部で。
だからこそカメさまには外界の5つの種族の神様の力が宿っており、
亀の甲羅のように固い絆で結ばれたアストルティアの世界は、
レンダーシア大陸を甲羅に見立て、全体が亀の姿をしているのでしょう。


ゆえに、カメさまは5つの種族神の力を取り出す時、
それぞれの種族が神に固く誓った背中の甲羅から、上方に射出したのです。


―――


世界が亀に守られていると仮定した場合、冥王ネルゲルとの対比も生まれます。


ネルゲル

ネルゲルはエテーネの村に降り立った時、こう言い放ちます。

冥王とは あまねく 死を統べる者。
生きとし生ける者が 死から逃れられぬように
何人たりとも 我からは 逃れられぬ。


そして成長した主人公が再度、自らの前に現れた時も、

冥王とは あまねく 死を統べる者。

そして生きとし生ける者は すべて
死からは 逃れられぬのだ!!


と、わざわざ同じ内容の台詞を2回も強調して言ってます。
それほど重要な意味がこの台詞の中に込められているのでしょう。

冥王の卵であるレイダメテスが死者の魂を吸収していたように、
卵から生み出た冥王ネルゲルも、死者の魂を刈り取って
自分のものにしていると、冥王の心臓に囚われていた霊魂が言ってましたね。


つまり、冥王はその名の通り「死」を象徴する存在であり、
万民を必ず死に至らしめなければならない運命を背負っています。
「生」を象徴するカメさまと、カメさまの申し子である主人公とは、
180度異なる、真っ向から対立するものなのです。
カメさまの力は鉄壁ガード。そして兄弟を守った主人公の力は、
時間を操って死ぬ運命を回避する事の出来る力ですが、
「すべての死を統べる」と言った冥王の台詞とは矛盾が生じます。

冥王の立場からしてみれば、肉体を死に至らしめても、
魂を別の肉体に宿し、自分を産み落とした卵も破壊しやがり、
挙句の果てに船まで造って居城へ乗り込んで、2度も対峙を果たしてくるなど、
主人公はこの上ないくらい厄介極まりない存在です。
ゾンビか何かのような、肝の冷える恐ろしさすら感じた事でしょう。
しかしそこは流石は冥王、おくびにも出しません。
自分の存在意義を再度語って聞かせる余裕すら見せます。


ここから分かるのは、全ての死を司る冥王ネルゲルが、
全ての生を司るカメさま(と申し子)の住む地を真っ先に攻撃した理由
です。

亀をぶち殺すのなら、脊髄などの中枢神経の通る甲羅を破壊するに限ります。
ここさえ抑えてしまえば、残った手足を征服するなど容易いはず。
冥王は、万民を死に誘う布石を打ったのです。
なるほど、伊達に下まつげは生やしてないな、理にかなってる。


―――


これまでの考察まとめです。


 ・ カメさまは不老長寿の象徴。5つの種族神の力を背中の甲羅に宿している。
 ・ 主人公は生を司る存在。時間を操って死の運命を回避できる。
 ・ 5つの種族はカメさまが居る世界の中心の地で種族共生の固い誓いを立てた。
 ・ 共に生きる永遠の誓いを象るべく、アストルティアは亀の形をしている。
 ・ ネルゲルがあまねく「死」を象徴する存在なら、主人公の転生はそれに矛盾する。



以上となります。



5月16日には4度目の大型アップデートがあり、ver.1.4として、
神話篇のストーリーが新たに始まるみたいです。

前作『ドラクエ9』は、旧約聖書の創世記を元にしたストーリーでした。

 元始に神天地を創造たまへり
 地は定形なく曠空くして黑暗淵の面にあり神の靈水の面を覆たりき
 神光あれと言たまひければ光ありき
 神光を善と觀たまへり神光と暗を分ちたまへり
 神光を晝と名け暗を夜と名けたまへり夕あり朝ありき是首の日なり


~旧約聖書 創世記より

創造神グランゼニスは女神セレシアを作り、人間と人間界を作りました。
しかし、人間の創造が失敗であったと考えたグランゼニスは、
魔獣アルマトラを作り、人間を滅ぼそうとします。
これに反対したのが女神セレシアで、その姿を世界樹に変え、
グランゼニスの考えに無言の抗議をします。

セレシアの人間を思う心に打たれたグランゼニスは、
天使界と天使を作り、人間の善意を見守る事にしました。
それから長い時が経ち、人間の善意が世界樹に集まって実った
女神の果実を口にした前作の主人公が、神から切り離され、
人間として生きるようになった、というのが前作のあらすじ。


神話というのは、神様のお話ではありません。
神様から切り離された人間が語り継ぐ為に作ったお話です。

『ドラクエ10』神話編の予兆クエストで、「星空の守り人」という
前作『9』のサブタイトルを表すキーワードがばっちり出てきましたから、
神様から切り離されたその後の世界がどうなったのかを
説明するストーリーになるはずです。


現実世界の神話では、その後の世界は「大洪水」に見舞われます。
人間は災厄を乗り越えるべく、ノアの箱舟を建造し、
動物のつがいも1組ずつこれに乗せ、大洪水を回避します。

さて、予兆クエストで示されたゴフェル計画と、
箱舟=大陸間鉄道が指し示す、人間の進むべき道はいかなるものか、
第2回の考察で解き明かしていきましょう。

  


ご清覧ありがとうございました。

【短評】『いいひと。』~東日本大震災からの復興

ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
いいひと。

↑被災地に笑顔が戻る日が来る。



『いいひと。』の16巻は、3月11日という忘れ得ぬ日に
再読する価値のある一冊に違いありません。
私はこれほど思いやりに溢れた本を他に知りません。

16巻のサブタイトルは「思い出にかわるまで」。
ストーリーは、主人公の北野ゆーじがいつものように異動させられ、
阪神大震災から1年半が経過した神戸に出張しに行くところから始まります。
そこでゆーじは、実際に被災した人達と、そうでない人達との間に、
心に負った傷の深さにギャップがあるのを感じ取ります。

悲しみの記憶で塗り固められた被災地・神戸を、喜びの記憶に変える為に、
ゆーじは工場建設予定地に即席の野球のグラウンドを作り、
そこで被災地の子達と野球をして、1日だけの思い出を共有します。

このグラウンドも翌日には工事が入り、壊されるのだけれど、
この時みんなで野球をした記憶は心にしまい込める。
地震で建物は壊れても、楽しかった思い出までは壊せない。

作者の高橋しんさんは、東日本大震災が起きた後、
この震災復興編をホームページ上で無償公開しました。
被災地とその周囲とのギャップを埋める為に、
被災者の心を復興をしていこうと伝えたかったのだと思います。

無償版「いいひと。」震災復興編・期間限定リリース再開です。。。しん
http://www.sinpre.com/sinpre/archives/2011/03/post_429.html



私が住んでいる長崎県では、1990年に普賢岳噴火が起きました。
私の夫は、家屋と小学校の思い出を失いました。

この噴火は島原半島全域に甚大な被害をもたらし、
地元を走っていた島原鉄道も壊滅状態になりました。
この時、島原鉄道の復興に道筋を付けたのは、文字通り、
被害状況を見る事の出来なかった、盲目の方だったそうです。
たった1人だけ、目の前に広がる絶望ではなく、
その先にある希望を言葉にし、周囲に勇気を与えたといいます。


たとえ被災地の惨状を目の当たりにしていなくても、
私達に出来る事はあるのだと、ゆーじは言っている気がします。
たとえ被災者の気持ちが100%理解する事が不可能だったとしても、
私達は希望の言葉をかけてあげる事が出来るはず。

震災から2年が経ちました。
奇しくも3日前のニュースで、福島県の子供の甲状腺検査の結果が、
青森、山梨、長崎の子供と横ばいの数値であった事が明らかになりました。
長崎でこれを調査されたのは、60年以上もの間、原爆医療に携ってこられた方。
不誠実なデータ比較を用いて詭弁を労した原発学者とは違い、
長年の苦労があってこその、この信頼置ける結果だと言えるでしょう。
これでようやく、不安と憶測が生んだ風評被害から、
被災地が開放されていく道筋が付いたのです。


最後に、東日本大震災で亡くなられた方々に、
謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り致します。



ご清覧ありがとうございました。

共有(シェア)ボタン
各種RSSはこちら↓

Twitter
アクセス数 (UU/Week)

    ブログヒストリー
    ・2012年4月
     LivedoorBlog開設
    ・2012年11月
     漫画感想カテゴリで初の1位
    ・2013年1月
     総訪問者10万人達成
    ・2013年8月
     火垂るの墓の考察記事が検索1位に

    道場主へのコンタクト
    QRコード
    QRコード


    • ライブドアブログ