漫画道場

漫画道場 漫画やアニメを学術的観点から考察・レビューします。



【短評】『仮面ライダー鎧武』~選び取る運命の因果律

こんにちは、道場主です。

お久しぶりの更新では、『仮面ライダー鎧武』 の学術的考察をやります。
ただ、これまでのシリーズ作品との比較も行っていますので、
今回は厳しい意見となる事をご了承頂ければと思います。

楽しまれてる方も多いでしょうし、書こうかどうか迷ったんですが、
1つの意見として参考程度に留めて下さいまし。


それでは、どうぞ。 


―――


鎧武


さっそくですが、『鎧武』にもやはりストーリー背景が設定されていました。
自然科学における自由意志因果的決定論ってやつです。 

つい最近では『ドラゴンズドグマ』というゲームがこれを扱っていて、
こちらはニーチェの哲学を背景としておりましたが、
『鎧武』の方は数学者ピエール・ラプラスの言う運命論に近いと思われます。
どちらも神性が関わっている点に注目です。


決定論というのは、人間のなすべき事は予め運命によって決められている、
という、神託にありそうな予定調和的な考え方です。
『鎧武』では北欧神話の伝説をモチーフとした「ヘルヘイムの森」に侵略され、
死の運命を辿ろうとする文明社会に投影されています。

ノルン

北欧神話にも運命の女神(ノルン)というのが居ます。
『ああっ女神さまっ』でおなじみ、ウルズ・ヴェルザンディ・スクルドの3姉妹ですね。
ノルンはそれぞれ、過去・現在・未来を司っていて、
ウルズが運命の長さを計り、ヴェルザンディがそれを糸に紡ぎ、
最後にスクルドが糸を裁断し、人間の寿命が決まります。

『鎧武』でも、3人ではありませんが、「運命」を口にする女神が登場しています。
運命の女神が紡いだ糸は、ヴァルハラの巫女が予言した
世界の終末(ラグナロク)にも繋がっていますから、
作中の舞台となる沢芽市も、終末に向かって突き進む運命が決められ、
アースガルズと同様に全てが崩壊する、と考えられます。


しかし、運命の決定は既に誤りである事が証明されています。
それが、1927年に物理学者のハイゼンベルクが提唱した不確定性原理です。

e0171614_10582459


物理学の世界では、ニュートンの運動方程式によって
粒子の動きは先まで予測が可能であるとされていましたが、
ハイゼンベルクは量子力学からのアプローチから、
運動量と位置にズレが生じて予測が不可能である事を突き止め、
その結果、ラプラスの運命論は否定されました。

哲学の世界では早くから人間の自由意志が唱えられ、
神によって定められた運命から脱却し、その後の人生を
自らの強い意思で選び取る
事を命題としてきました。
ハイゼンベルクの理論はそういった生き方を保障してくれたのだと言えます。

アーマードライダーになるベルトを手にした若者達は、
世界の行く末を知る女神から、運命の分岐点にあると忠告されます。
考え方は違えど、それぞれが強い意志を持って自分の人生を選び取る姿は、
終末に向かう沢芽市の運命も変えてくれそうな気がしますね。


―――


しかしながら、道場主の主観をお話ししますと、
これだけ背景が練られていても、今作は「面白くない」と感じています。
理由は、私が重視するのが表現力であるからです。

表現力とは、1つの描写だけで10の全てを伝える、
もしくは10の描写で1つの真意を伝える力である
と定義しています。
過去のシリーズの『フォーゼ』で言えば、希薄化する現代の人間関係を、
古典的な熱苦しさによって修復する背景があったのですが、
それを台詞によって説明するのではなく、ブレザーを着る生徒の中に
ツッパリの学ランを混ぜるだけで表現しています。

主人公に吐かせる言葉は「友情」、たったこれだけです。


『鎧武』の場合、第20話で世界の秘密が語られるのですが、
それがユグドラシル側のキーマンから長々と説明される手法が取られ、
人物描写にはあまり時間が割かれていませんでした。
ミッチーと紘汰の驚きにも共感できないほどです。
呉島主任は世界の秘密はユグドラシル社が担うべきだと主張していましたが、
日本の国家予算がいくらあるか知ってますかって話ですし。

ダンスに興じる若者達も、本気でダンスに打ち込みたいのか伝わってきません。
作品テーマが自由意志の決定にありますから、
「俺達の居場所は俺達で守る」といった趣旨の台詞ではなく、
ダンス描写に自らの存在意義を決定する強い情熱が感じられなければ、
それらが空々しいものになり、説得力に欠ける
訳です。


善吉

『めだかボックス』という漫画で、主人公の周囲の人物に太鼓持ちをさせて
主人公の凄さを説明するという手法が取られましたが、
『鎧武』に対しても、この漫画と同じ感想を持っています。


長年続いた平成ライダーシリーズにおいて、
人物描写やストーリー設定を説明以外の方法で表現した作品は、
いずれも素晴らしいものであると思いました。

今作も過去作品に負けないくらい、実によく練られた設定であると思います。
ゆえに、20話もかけて引っ張ってきた設定を、
たった30分の説明で終えてしまった事が残念でした。
 


ご清覧ありがとうございました。

【総評】『ポケットモンスターXY』~始まりと終わりの進化論

どうも、道場主です。お久しぶりの更新となります。
今回は、『ポケットモンスターXY』および同シリーズの学術的考察となります。

更新をお休みしていた間、ドラクエ10→モンハン4→ポケモンXYと、
ゲーム三昧の日々を送っておりました。
漫画要素ゼロです。 もはやなに道場なんでしょうか。


『ドラクエ10』に関しては、当道場でも2つの考察記事をアップし、
大好評を頂いた為、別ブログを立ち上げてそこで続きを書いてます。

ロザリーのアストルティア考古学


既に何度か述べていますが、日本の漫画・アニメ・ゲームには、
子供向けとは思えない隠されたメッセージを持ったものがいくつも存在し、
そしてそれは『ポケモン』も例外ではありません。

では、具体的にどんなメッセージが込められていたのか、 
『XY』と『ブラック・ホワイト(BW)』を比較しながら見ていきましょう。 


―――


まず前作、『BW』についてです。

d6x70qe5d2A

『BW』に登場する学術的定義は2つあります。
ユークリッド幾何学において厳密な定義付けを果たした自然数の公理と、
フランスの技術者、ベノワ・B・マンデルブローのフラクタル理論です。

この作品のキーマンはもちろん、Nという青年に他なりません。
Nの本名は「ナチュラル・ハルモニア・グロピウス」。
「ナチュラル(Ntural)」というのは自然数(Natural Number)を指しています。


Nの目的は、世界を白黒はっきり割り切る事です。
数学の公式のように調律された、美しい世界を築く事。
人間は人間同士、ポケモンはポケモン同士で生きるべきだと言い、
その為に"数学の魔術師"と渾名されるほどの天才的頭脳をフル回転させ、
義父・ゲーチスに従いプラズマ団のトップに君臨します。

自然数の公理は、自然数(N)が持つ5つの基本的な性質の事であり、
Nはその名が表すとおり、この公理に従って計算式を導き出し、
人間とポケモンを別の集合体として捉えます。


人間の世界には人間が住む事を条件として計算式を立てた場合、

 人間の世界 = { A|A は人間 }
= { 主人公、チェレン、ベル、アララギ、…}


となります。これを真理集合と言います。

人間という自然数の集合 A の中には、ポケモン入ってません。
人間に虐げられたポケモンの悲痛な声が聞こえる青年にとっては、
モンスターボールは害悪そのものです。
ポケモンはポケモンの世界で暮らすべきだと主張します。
 
 ポケモンの世界 = { B|B はポケモン }
= { ピカチュウ、カイリュー、ヤドラン、ピジョン、…}


集合AとBは別々の性質を持っている為、
自然数の公理の上では、両者が交わる事は絶対に有り得ません
これがNが持つ思考回路の背景です。


白黒


ところが、世界にはどうしても割り切れない数字がある
一般的な自然科学の中では、微小な誤差は無視して計算します。
しかし、扇風機のCMなどで「1/fゆらぎ」という言葉を耳にされた方も多いと思いますが、
万物は等しく、微妙に揺れ動いているものであり、
数学で扱うサイン曲線のような、あんな綺麗な形をしていません。
これをカオス理論といい、それを体系化したものをフラクタルと呼びます。

Nにとって主人公の存在は真理集合の枠に収まらない計算外のカオスであり、
言わば蝶の羽ばたきのような、小さなものでした。
ところがこれを誤差として扱ったがゆえに、大きな竜巻となってしまいます。
天才の頭脳をもってしても割り切れなかったもの、
それが、多様な価値観が混ざり合い共存していく世界だった、
というのが、前作の大まかな背景となります。

「共存」というのは、ポケモンシリーズの共通テーマであり、
深いメッセージ性が添えられるようになったのは『ルビー・サファイア』の頃からです。
そして最新作『XY』でも、やはりこのテーマを扱っています。


―――


続いて今作、『XY』について見ていきましょう。

1_20130109105117


『XY』の学術的定義は、ネオダーウィニズムが提唱する遺伝子進化論と、
アメリカの生物学者、リン・マーギュリス女史の共生進化論です。

同様のテーマを『仮面ライダー剣』が扱った事があります。
テロメア係数がどうのこうの言ってたり、バトルファイトが決着しなかったり、
遺伝子を扱った作品として見所があります。


さて今作では、AZというカロス地方の古き王がキーマンとして登場します。
「A(始まり)」と「Z(終わり)」を意味する名前でしょうかね。
生命が訪れる誕生と死を、伝説のポケモン・ゼルネアスとイベルタルに準え、
AZが愛した1匹のポケモンとの悲しい物語が進行していきます。

フレア団のボス・フラダリは、かつてAZが世界を終わらせる為に作った、
ポケモンの命を犠牲にする最終兵器を利用して、
強き者が全てを奪う、適者生存の世界の誕生を試みます。
その為にフレア団は電力を奪い、モンスターボール工場を奪い、
争いに利用されるポケモンを人々から奪います。


mega-ring-megasinka

ダーウィンは、経済学者・マルサスの人口論をヒントに、
限られた資源を奪い合う人間の経済活動を、生物学にも応用します。
そこから生まれたのが進化論であり、『種の起源』で説かれた自然選択説です。
この説はメガシンカを行う為に必要な1つしかないメガリングを、
主人公とライバルが奪い合うシーンに象徴されています。

わざわざフラダリに説明させるあたり、かなり重要なメッセージだと分かりますね。

かつての進化論は、メンデルの法則によって否定されましたが、
そこからメンデルの考え方を取り入れ、遺伝子進化論に発展しました。
優秀な遺伝子が優先的に残されていくという、今では当たり前の考え方です。
『XY』は、X遺伝子とY遺伝子から名付けられたと見られ、
今作がダーウィンの進化論を根っこにしている事が伺えます。


ところが、自然選択説を唱えるフラダリは、主人公とライバルの前に破れ、
Nがアララギ博士に舌戦を挑んだ時のように、
増えすぎた種に共生の道があるのではないかと説き伏されます。

生物が及ぼす相互作用によってお互いが生かされているという考え方は、
提唱者のラブロック博士によってガイア理論と呼ばれています。
このガイア理論を元に生み出されたのが、原生動物の共生・合体の連続によって
1つの生命が誕生したとする、共生進化論です。

進化(植物)

参照:生物史から、自然の摂理を読み解く | 植物はどうやって誕生したか?


共生進化は、大阪大学の四方哲也教授の実験によって証明されます。
繁殖力の大きな菌と普通の菌を同じ環境に置いた結果、
両者ともに何百世代も生き残り、一定の数を保ったのです。
つまりは適者生存の否定に他なりません。

フラダリの敗北は、進化の歴史から見て必定であったという事を、
隠されたメッセージとして添えている訳です。


―――


このように、『XY』は比較的低い対象年齢をターゲットとしながらも、
背景となるストーリーには明確な意思が込められており、
今作もやはり、シリーズを通しての「共存」というテーマを追っています。

ポケモンは"子供向け"、"お子様ゲー"では決してありません。
異なる価値観を認め合う事の重要性を説いた、
子供から大人まで楽しめるゲームである、という方が正確でしょう。


特に今作は、『BW』の分かりにくい数学の話とは異なり、
命の始まりと終わりという、直にハートに訴えかけるお話になっています。
それゆえ、ラストシーンは感動を抑えきれません。

久しくポケモンから離れている方にも、オススメだと思います。


ご清覧ありがとうございました。

【雑記】漫画・アニメファンが知っておきたい表現規制の裏側

参議院選挙

第23回・衆議院議員総選挙の投票日が、1週間後に迫ってきました。
どの政党に投票するか、もうお決めになりましたか?

さて今回の記事は、まだ決めてない!とお悩みの漫画・アニメファンの方に向けた、
各主要政党の支持組織について纏めたものです。
これを読んでから投票先を決めても、遅くはないですよ。

なお、以下の解説はあくまで一般的な定義として挙げるもので、
同じ党内でもそれに当てはまらなかったりする事はもちろんあります。
それぞれの議員さんがどんな考えをお持ちなのかは、
個別の選挙用資料やオフィシャルサイトでご確認下さい。


では、どうぞ。


―――


なぜ漫画やアニメは、表現規制の槍玉に挙げられ、
理解に苦しむような根拠をもとに法制化が進んでいるのでしょうか。
実はこれ、漫画やアニメが決して害悪だからではありません。
これを念頭に置いておく事が必要です。

規制賛成の政党に共通項として挙げられるのが、
排他的な思想を持った組織に支持されている事です。
彼らから組織票を集め、強固に支援をされてきたからこそ、
反対を唱える各業界からのより多数の意見が圧殺されているのです。
民主主義もへったくれもあったもんじゃありません。



神道政治連盟(神政連) ~ 自由民主党

日章旗


 自民党の基盤となっているのは、日本の伝統文化の復権を謳う神政連です。
 宗教法人・神社本庁を母体としています。要するに神社です。
 「美しい国」「日本を取り戻す」為に、戦後教育のあり方を見直し、
 古きよき道義に基づいた国づくりを目指しています。

 とても素晴らしい価値観のように思えますが、実情は排他的で、
 アメリカから輸入された個人主義に基づく新しい価値観を決して認めず、
 かの国から貰った「憲法9条」を恥ずかしい憲法だと言い切り、
 フリーセックスの問題にも強く反対しています。
 異なる価値観の排除というのは、同じ神社同士の喧嘩にもあらわれていて、
 神社本庁の95%は伊勢神宮派(伊勢派)と呼ばれる人達ですが、
 ここは出雲大社派と対立し、放逐した歴史を持ってます。


 こんな排他的な人達に目を付けられたのが、漫画やアニメの性描写です。
 日本人は慎ましやかに生きなければならないので、
 男性はエロ本なんて見ずに国家と社会への奉仕に汗を流し、
 女性は三従の教えを守って、家の奥に閉じこもらなければなりません。
 彼らが本当に規制をしたいのは、表現の自由ではなくセックスの自由です。
 結婚するまで清い関係を保ち、婚前行為に及ぶのは、
 伝統文化という美的基準から見て、けしからんという訳です。

 個人主義を植え付けられた現世代はもう言う事を聞かないから、
 次の世代の子供達には、教育の段階でこれを教えていこうというのが、
 神政連および、支持を受ける自民党議員の狙いです。


 そもそも信教の自由は、その恥ずかしい憲法によって保障されているものです。
 外国の異なる価値観が本当に全て誤りだとするなら、
 戦後に発達した民主主義までも否定しなければなりませんし、
 お互いの価値観を認め合うのは、人種や国籍を越えて世界の常識です。

 日本の誇る伝統文化は確かに素晴らしいものですが、
 フランス人権宣言に端を発する個人主義思想を排除したり、
 サブカルチャーなど他の文化を全否定するほど素晴らしいかと言えば、
 そんな事は無い、どちらも素晴らしいと言うしかないと思います。



● 創価学会 ~ 公明党

創価学会


 公明党の支持母体は、言わずと知れた創価学会です。
 元は法華宗(日蓮宗)の宗派のひとつでしたが、こちらは神社本庁とは違って、
 本家本元の日蓮正宗から破門された方になります。

 学会の行いはあまりに有名なので今さら説明の必要は無いでしょうが、
 他の宗教諸派と比較しても極めて排他的で、入信の際には
 自分の家に先祖代々からある仏壇・仏具を燃やしてしまえと命じるほどです。
 学会こそが聖教で、その他は邪教と説く凄まじい教えは、
 実動部隊である婦人部にもしっかり根付いており、ここがノーと言えば、全てダメ。
 もちろんその矛先は、漫画やアニメの性描写にも向けられています。


 学会員のご婦人方は、94年のアメリカワールドカップ決勝の舞台に立った
 ロベルト・バッジョが偉大な選手であると知っていても、対戦相手のロマーリオが
 大会5ゴールでMVPを獲得した同じくらい偉大な選手だとは知りません。
 理由は、バッジョが学会員で、ロマーリオはそうではないから。

 サッカー以外でもそうです。エロ漫画を描くのがプロになる近道である事も、
 またそうして才能を認められプロになった人の中から、
 文化庁がメディア芸術祭で推薦した作家が生まれている事も知らない。
 入信者の個別の都合を一切聞かないのと同じで、
 背景には一切に目を向けようとせず、存在の否定だけを行うのです。
 だからこそ批判が多いですし、むしろされて当たり前です。


 表現規制の法制化を最も強く推進しているのが公明党ですが、
 その裏では、創価学会の苛烈な排他思想が働いています。
 念のため言っておくと、公明党の政治理念は衆院選の時に触れたように、
 経済と雇用の両輪が揃っていて、かつ実行性の高いものです。
 理想ばかりを語って1つも実現できない労働系の野党とは違うと言えます。

 だからと言って、公明党の理念だけが素晴らしい訳じゃありません。
 創価学会の教えは決して誤りではないからこそ支持が厚いのでしょうし、
 また実際、会員の方々には偉大な人物が多いのも事実ですが、
 少なくとも他者を否定する行いを賞賛する事は出来ません。



● 霊友会 ~ 日本維新の会(石原慎太郎サイド)

霊友会


 日本維新の会の共同代表である石原慎太郎氏に纏わるのが霊友会です。
 霊友会もやはり法華宗(日蓮宗)系の宗教法人で、
 石原氏は弥勒山の顔役であり、自らも入信されています。

 石原氏の個人的な思想について述べる時は、
 必ず、ある作家の名前を並列に述べなければなりません。
 その名は三島由紀夫。この人物も日蓮宗と深い関わりがあります。
 石原氏は三島と長い親交があり、お互いを認め合う仲でした。
 しかしご存知のように、三島は自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺します。
 この時、三島が訴えていたのは憲法改正です。

 石原氏は、三島の思想を色濃く受け継いでいます。
 霊友会は先祖供養による菩薩行の実践を教えとしており、
 自分の考え方を一徹するという教義もあります。
 石原氏はこの教えをずっと、ずーっと体現してきた信念の人です。
 三島の美学を、死を恐れ理解を恐れる文学青年の虚勢であると看破しながらも、
 今度は自らが暴走老人として虚勢を作り出し美学としていく事で、
 先祖の果たせなかった憲法改正の願いに報いているように思えます。
 今や三島の魂が乗り移った日蓮の権化です。
 敵意剥き出しの対米・対中姿勢を取るのも、党の方針と言うより、
 石原氏個人の排他思想によるものが大きいのです。


 ただ、三島由紀夫との違いは1つだけあります。
 漫画・アニメなどの、サブカルチャーへの理解がまるで無い所です。
 三島は林房雄氏との対談の中で、日本文化についてこう語っています。

  歌舞伎、文楽なら守ってもいいが、
  サイケデリックや“おらは死んじまっただ”などという
  頽廃的な文化は弾圧しなければならない―
  というのは政治家の考えることだ。私はそうは考えない。
  古いもの必ずしも良いものではなく、
  新しいもの必ずしも悪いものではない。


 三島の『文化防衛論』は、憲法第1条に掲げられた天皇の条文を重視し、
 日本文化を遡れば必ず天皇と神道に行き着くとしています。
 しかしそれは、新しい文化を頑なに否定し、
 伝統文化のみを崇拝する事ではないともしています。
 現に三島は数々の漫画作品に評を残すほど、相当な漫画通でした。
 その漫画を規制しようとする現在の石原氏を見たなら、
 暴走を止める為に、チクリと釘を刺す事でしょう。



● 世界基督教統一神霊協会(統一教会) ~ みんなの党、日本維新の会、他

純潔運動


 ここももはや説明不要でしょう。数々の反社会的活動で
 100件を越える訴訟事件と4300人の被害者の生んだ、悪名高い統一教会です。
 会費が1ヶ月500円の霊友会が優しく見えるほどです。
 創価学会と同様に日蓮正宗から破門されてます。当たり前です。
 もっとも彼らにとっては学会や正宗の方が邪教なのでしょうが、
 一般的に見れば、似た者同士と言った所でしょう。

 統一教会は、キリスト系の純潔教育を教えとしています。
 この純潔運動によって、漫画やアニメの性描写は否定されています。
 しかもこれを条文化し、神政連のように明確に敵視してるのがポイントです。


 みんなの党と日本維新の会の関係を見る時は、
 統一教会の立場から紐解くのが、とても分かりやすいです。
 みんなの党の代表・渡辺喜美氏は、先代から統一教会と繋がりがあり、
 また、維新の会の共同代表・橋下徹氏は、
 自身のブレーンに統一教会派の人物を起用しています。
 みんなの党が維新の会に選挙協力を持ちかけたのは、
 どちらも統一教会の組織票によって支えられているからです。

 渡辺氏と橋下氏の共通点は、本心では教会の教えに忠実でない事です。
 ここが石原氏と異なる所で、良い意味では融通が利き、悪い意味では蝙蝠です。
 バランスって取れないもんなんでしょうかね。

 ところが、橋下氏は例の慰安婦発言で急速に支持を落としました。
 過去にコスプレ不倫が報じられた経緯を持つ人物でもあります。
 純潔教育を謳う統一教会の組織票が欲しい渡辺氏は、
 自分まで教会の支持を失う訳にはいきません。
 だからこそ、みんなの党側から選挙協力の盟約を解消したのです。


 両者が同じ穴の狢である事は、一般の有権者にとっくに知られています。
 それでも渡辺氏が意地を通したのは、それはつまり、
 渡辺氏が有権者ではなく、統一教会の票しか当てにしていないという事です。
 教会の排他的思想から距離を置いているにせよ、
 こういった人物が信頼に足りるとは、私は思いません。


―――


ここまでお読み頂いたら分かると思いますが、
日本の国会で行われている政党政治というのは、国民の意思よりも、
特定の団体の意思が反映されやすい傾向にあります。
これで何が民主主義と言えるのか分かりません。

漫画やアニメの表現規制は、この傾向が顕著にあらわれています。
それを選挙に行かない若者のせいにして、論理をすり替えているに過ぎません。
反対意見を表明している出版会社やアニメ制作会社に、
若い世代しか居ない訳ではありませんので。
ただ投票している人達の多くは、その魂胆を知らずに投票しているか、
もしくは知ってても妥協せざるを得ないというだけです。


ネット上での選挙活動が解禁された今、ネットに通じる私達が出来るのは、
今さらのように擦り寄ってくる候補者の魂胆を見破り、
その背景となる思想をネットを使って共有していく事です。

漫画・アニメファンの方には、表現規制を叫ぶ政党の裏側に、
こんな排他思想の組織票が働いているのを、ぜひ知っていて欲しいと思います。
 


ご清覧ありがとうございました。

共有(シェア)ボタン
各種RSSはこちら↓

Twitter
アクセス数 (UU/Week)

    ブログヒストリー
    ・2012年4月
     LivedoorBlog開設
    ・2012年11月
     漫画感想カテゴリで初の1位
    ・2013年1月
     総訪問者10万人達成
    ・2013年8月
     火垂るの墓の考察記事が検索1位に

    道場主へのコンタクト
    QRコード
    QRコード


    • ライブドアブログ